新入生ブログリレー#1 Welcome to Hokkaido Univ movie production circle!!

こんにちは、経済学部2年の相原です。今年もいよいよ秋新歓の季節がやってきました。

北大映研では毎年秋新歓を実施しており、昨年は10人ほどの新入部員が入りました。私たち北大映画研究会は、映画を作るサークルです。脚本、撮影、編集から役者まで全部自分たちでやっています。とは言っても、ほとんどの部員がこのサークルに入って初めて映画制作をした人達ばかりなので、心配することはありません。また、活動は基本個人のやる気次第、という感じで、兼部してる部員も沢山います。1年生だけでなく、何年生でも、留学生の方でも、他大の方でもウェルカムなので、ぜひ、まずは気軽に新歓に来て欲しいと思います。

さて、僕はこの夏休み、3週間半アメリカのポートランドというところに語学留学とホームステイに行ってきたので、そこで感じた日本との違いについて書いていこうと思います。

とは言っても、車が右側通行で左ハンドルだったり、服や飲み物のサイズがでかくて日本のMがアメリカではSだったり、トイレにウォシュレットが無くて個室の下の部分が空いてて、中で座ってる人の膝くらいまで見えたり(ひどい所では上から覗けてしまう)、レストランでおしぼりが無かったり、家に箱ティッシュがなかったり、土足で家の中歩いたり、風呂がシャワーだけだったり、まあ本当に色々あります。

ただ国民性として大きく違うのは、米国人はめちゃくちゃ時間にルーズです。というか、日本人が時間に縛られすぎているのかもしれません。少し授業に遅れたりしたくらいでは何も言われませんし、僕のホストマザーは、どこかに出かけてLINEで(外国の人はLINEはほとんど使わないが、僕のホストファミリーは日本人を今まで多く受け入れていたので日本人のためにLINEをやっていた)「8時半までに家に戻る」みたいな事を送ってきたのに帰ってきたのは10時半でした。確かに時間を守るのは日本人のいいところですが、そこまで厳しくなくても、、、と思います。

そしてアメリカは車社会なので、家に2台以上は車があります。仕事は車で行く人が多いので、日本のような通勤ラッシュというのもあまりないですし、皆大体夕方5時頃には家に帰ります。日本のように残業や飲み会というのはあまりなくて、休みも取りやすいようです。またこれも日本と違うのですが、男性でも普通に数ヶ月の育児休暇を取れるようです。それも、同僚の人達も「イイね!どこ旅行行くの?楽しんできてね!」みたいな感じで、好意的に受け入れられるようです。その代わりに実力主義なので、結果を出せないとクビという世界ではありますが、日本はまだまだ学歴社会だと思うので、このスタイルが広まって欲しいと思います。

あとは、本当ににアメリカは自由で、皆が自分の生きたいように生きています。日本人は、体裁というか、周りからどう見られているか、自分が集団の中でどのポジションにいるか、どういうキャラなのか、などを気にしすぎだなと思いました。こんな風に書くとアメリカはとても良い国のように思えますが、もちろんアメリカは治安が悪く、ホームレスも沢山います。アメリカのホームレスは話しかけてきてお金をせびってきます。また、マリファナ合法なので街中に薬物中毒者みたいなやばい人もたまにいるので、怖い部分もありました。ですが、少しでも留学に興味ある人は、大学生のうちに、是非体験してみて欲しいなと思います。本当に世界が広がります。

それでは、長くなりましたが最後に映画の紹介をします!!

紹介するのは、アメリカに向かうデルタ航空の機内で見た「あの頃、君を追いかけた」という映画です。山田裕貴主演、ヒロインを齋藤飛鳥が演じている、台湾映画が原作の青春映画です。山田裕貴といえば、朝ドラ「なつぞら」で天陽くん役を好演してましたね。最近、マンガ原作の色んな学園物の恋愛映画がありますが、この映画はそれらとは一線を画した、本当に良い青春映画だと思います。そして齋藤飛鳥と松本穂香がめちゃくちゃ可愛いです。高校時代を思い出して泣けます。是非見てください。

それでは、新歓でお待ちしております!!

P.S.  アメリカにもタピオカ屋がありましたが、そんなに行列は出来てませんでした。ちなみに英語でタピオカミルクティーはbubble teaと言います。

新入生ブログリレー#9今日の歩数計は172歩

はじめましてこんにちは。沼崎です。

今日で3連休も終わってしまいますね。皆さんいかがお過ごしでしょうか。私は映画とルパンとバカリズムのコントを鑑賞していました。お陰で睡眠不足です。明日の授業は寝ている間に終わっている事を願います。

早速ですが、3連休でみた映画で印象に残った作品を紹介させていただきます。

君の名前で僕を呼んで

あらすじは17歳の少年と24歳の青年の、恋の歓びと痛みを描いたラブストーリーです。子供に”儚い”の意味を聞かれたらこの映画を進めようと思いました。

 

それとルパン三世のPart5が良いので見てください。わたし史上ですが一番カッコいいルパンが見れます。ルパンと峰不二子の関係は良いですね。これもわたし史上ですが一番魅力的なヒロインは峰不二子ですね。

最後にバカリズムの銀行弱盗を見て寝ます。

おやすみなさい。

 

 

 

新入生ブログリレー#7

こんばんは。北大総合理系1年の清水です。出身は神奈川県川崎市、“川崎区で有名になりたきゃ人殺すかラッパーになるか”の川崎区の3つ隣の高津区です。(T-Pablowは聞いたことない)

kawasaki

さて、新入生ブログリレーですが、みんなが映画の話をしているので僕はおすすめの有名じゃないバンドを2つほど紹介をしてみます


  • Asayakenoato

まずは京都発のAsayakenoato

2018年12月にBa.中川博文とDr.森泉直貴が脱退して現在はGt.Vo.神社宏行とGt.佐々山裕の二人で活動中の2ピースロックバンドです。

神社(かんじゃ)さんの歌声がエモエモのエモなのでエモ好き、残響系好きは必聴!

 

  • The Whoops

https://www.youtube.com/watch?v=IdNI5lUeV2s

続いては埼玉県北浦和発のThe whoops

Gt.Vo.宮田翔平(既婚者)、Ba.森確実(モリナンデス事件の被害者)、Dr.須長宏紀(童貞)からなる3ピースバンドです。

とにかくコーラスとTwitterがサイコーなバンドです

 

img_timemachine

6月12日には新アルバムTime Machineしているので、YouTubeで聞いて気になった人はこちらも是非!

 

以上、おすすめの有名じゃないバンド紹介でした!

ほんとはもっとたくさん紹介したいのですが、それはまたの機会に。では!

こんばんは!

こんにちは!北海道大学総合理系1年の篠原です。出身は東京です。そう言うとシティーガールだと言われますが、タピオカ歴は一度だけ、札幌駅は人混みに酔うので未だに慣れません。

映画は好きなのですが、見るジャンルの幅が狭く、アクションやアニメの映画をもっと知りたいと思って映研に入りました。詳しい方がいたらおすすめのものを教えて頂きたいです!

好きな映画は『溺れるナイフ』です。アンニュイな世界観で、ストーリーや音楽が独特で繊細な所が好きです。ハマって2回映画館で見たのですが、2回目は初めて1人で観に行ったので、映画が始まる直前で寝てしまい1番好きだったシーンを見れなかったのも良い思い出です。笑

映画以外では、音楽とお笑いが好きです。もうじき私が好きでたまらないハモネプ(アカペラの番組です)が復活すると聞いて、幸せな毎日を送っています。もうじきというか、明日放送です。ネプチューンが司会で、私たちが小学生くらいの頃にアカペラブームを巻き起こした番組なので知っている方も多いと思いますが、北大のアカペラサークルからも出場されるということなので、知らない方も是非見てみてください。

以上で終わります。

今回書くにあたって他の方のブログを読んだのですが、それぞれ好きなものについて書いてあるものを読むのって楽しいですね。これからも読んでいこうと思います。

新入生ブログリレー#5全然おもろい話は思いうかばんかったわ


どうも北大1年法学部の、最近左手薬指を骨折したためにバレーボールと趣味の料理で魚が捌きづらくでフラストレーションが溜まっている浦野翔太です。僕は映画は詳しくなく、今年も友達とコナンを観に行った程度に収まっているので、おもろい話の一発でもかまそうかと思ったんですけど何も思いつかなかったので北海道では全然見かけない関西で出会った変なおっさんの話でもしたいと思います。

札幌では大声で歌いながら自転車こいでるおっさんくらいしか見かけませんが、南大阪や三宮、岡山では変なおっさんを多分1回行ったくらいで見つけられるはずです。僕が出会ったのは5分くらい小石と電柱にキレてるおっさんや料金表見たらわかるのに運賃が260円か290円かで永遠と揉めている二人のおっさんなどです。彼らは基本的に無害ですが電車の中や知らないうちに横にいたりすると話しかけてくる場合が多いです。話しかけられると基本的に話を収めるのが難しいので、話しかけられたらハァとかホウとか相手の気分を害さない程度の適当な返事をして、時間がすぎるのを待つか、話しかけられる前にこのおっさんあのタイプやなっていうのに本能的に気づいたら半歩下がってゆっくりと視界からフェードアウトすることをオススメします。

北海道民の皆さんは旅行といったらどこに行っているのか僕はわかりませんが、僕のprejudiceでは大きな北海道の中ですべて完結してそうなので、是非行ける機会があったら行ってみてほしいと思います。全く違う世界が広がっていると気づけるかもしれません。                  以上

 

新入生ブログリレー#4 映画を撮る映画を紹介

どうも初めまして、北海道大学理学部~高分子機能学2年明石です。学年は2年ですが、映画研究会は1年目です。以後お見知りおきを

さて、新入生ブログリレーということですが何を書いていいかさっぱりわかりません。ところで映画研究会は映画を観てわちゃわちゃするサークルだと勝手に勘違いしていたのですが、映画を自分たちで撮影することがメインの活動だと入ってから知りました…

そんな映画はもっぱら観る専門の自分ですが、映画撮影に詳しくなりたい!

そこで「映画を撮る映画」を紹介しようと思います。

※以下若干の内容ネタバレがあるかもしれないので、避けたい方はブラウザバックを

 

・カメラを止めるな!

1本目は言わずと知れた、2017年のヒット作。300万円の低予算映画ながら、興行収入は31.2憶円を記録し2018年の邦画興行収入ランキング7位に入ったモンスター(ゾンビ?)映画です。

感想はやはり脚本の秀逸さには舌を巻かれます。また、キャストの人達の怪演とも言える熱のこもった演技には圧倒されます。

見始めたらエンドロールまで席は立たずに!

 

・ザ・マジックアワー

2本目は監督三谷幸喜、主演佐藤浩市のコメディ映画ザ・マジックアワー。ザ・映画を撮る映画。映画を撮る映画を紹介するときにこの映画を挙げない訳にはいかない。

ざっくりとしたあらすじは、マフィアの一員ビンゴ(妻夫木聡)はボス(西田敏行)の愛人マリ(深津絵里)に手を出してしまい、命を狙われる。ビンゴは伝説の殺し屋デラ富樫を連れてくることを条件に命拾いする・・・

え?映画を撮りそうにないって?それは見てのお楽しみ!

感想は、とにかく腹を抱えて笑えます!映画撮影であることを逆手にとった不意打ちの笑いが止まりません!さらにタイトルの回収シーンはエモい!。ザ・マジックアワーを気に入ったあなたには「THE 有頂天ホテル」がおススメ!(ギャラクシー街道はやめとけ・・・)

 

以上映画を撮る映画の紹介でした!2本と短い紹介でしたが楽しんでいただけましたでしょうか?

今をときめく歌手・タレント星野源が出演している「地獄でなぜ悪い」も映画を撮る映画みたいですよ。

それではまた、どこかで!

新入生ブログリレー#3 よろしくお願いします

はじめまして!北海道大学総合理系1年の稲葉と申します。生まれも育ちも北海道、生粋のどさんこです。映画を観ることは好きなのですが、あまり詳しくはありません。映画を観るだけじゃなくて作ったりもするんだ、おもしろそうだなーと思って映研に入りました。これから映画のことを色々知って、撮影の技術も磨いていきたいと思ってます。

私の好きな映画は、『SPEC』です。もともとは連続ドラマで、それからスペシャルドラマ、映画がつくられたシリーズですね。IQ201の当麻と元SITで肉体派の瀬文が、特殊能力(SPEC)に関連する事件を解決していくお話です。スペシャルドラマ、映画とすすむにつれて、ただの事件にとどまらず、物語のスケールがとても大きくなっていきます。SPECシリーズの登場人物はひとりひとり個性が強く、そこも大きな魅力です。シリーズをすべて観るのは時間がかかりますが、その価値があるくらい面白いと思います。

映画以外では音楽が好きで、一般の合唱団で週に1、2回歌っています。聴く音楽のジャンルは割と幅広く、クリープハイプやUVERworldといった邦ロック、EDM、K-POPまで、いろいろと聴いております。今後、映画について教わりつつ、音楽や他の趣味の話もみなさんとできるととっても嬉しいです。それではこのへんで。

 

 

新入生ブログリレー#2 お見知りおきを。

こんにちは。北海道大学経済学部一年の伊勢田です。案外クラスに数人見かける神奈川県民です。市で言うなら横浜市ですが、自己紹介の時に「出身横浜でーす」と言うと周りから冷ややかな目で見られるので、横浜の人たちは以後気を付けるように。映画は好きですが、「お前は映画館で映画を見ながらポップコーンを食べてるのが好きなだけじゃないのかー!!」と誰かに問い詰められればあながち否定しきれない。よって、詳しくはないので色々面白い映画教えてもらえると嬉しいです!どちらかというと撮るほうに興味があるーというか、機材が気になるーというか、カメラをいじりたいー。(あ、あとネットフリックスも見たい!)というような動機です。今後少しずつ映画を撮るのも見るのも詳しくなっていこうと思います。

好きな本は「神様のカルテ」でして、好きな女優は「宮崎あおい」なので、好きな映画も「神様のカルテ」です。(病院での激務を終え帰ってきたとき、ハル(宮崎あおい)の「おかえりなさい。イチさん。」のセリフを聞いたときに、すべてが浄化される感覚がします。)SFなども好きですが、基本的には、現実に即した展開が緩やかな映画が好きなことが多いです。

映画以外だと、本とaikoと珈琲が好きです。が、話が長くなるのでこの続きは直接しましょう!皆さんの話も聞かせてくださいね。トップバッターのりょう君の熱量にこたえることはできませんでしたが、次の人のハードルは下がったんじゃないかな?w

新入生ブログリレー#1 字幕で観れば芸能人吹替は気にならない

はじめまして、ブログリレートップバッターを務めさせていただきます経済学部一年の佐藤です。3割のマジョリティ北海道民です。映画を観るのが好きなので映研に入りました。好きなジャンルはアメコミヒーローものです。撮影や脚本・監督にも興味があるのでそちらも頑張りたいと思います。

さて、せっかく自分語りの機会をいただいたのでおすすめの映画について語らせて頂きたいと思います。僕はMCU(所謂アベンジャーズシリーズ)の映画が好きなので現在公開中のアベンジャーズ:エンドゲームを紹介しようかとも思ったのですが、実はこの映画簡単におすすめできないんですよね。何故かというとこの映画、最終作なんですよ。死の秘宝Part2とかジェダイの帰還みたいな。なので初心者にはあまりおすすめできないのです。

というわけで別の映画を紹介したいと思います。今回紹介する映画はシャザム!です。これはDC(スパイダーマンとかバットマンとかの会社)の最新作です。中学生の男の子がひょんなことからスーパーヒーローの力を得てイキったりやらかしたりしながら成長していく物語です。なんだそのざっくりした説明は!と思われるかもしれませんが本当にこんな話なんです。はい。いや、ヒーローものはこんなものでいいんですよ!主人公の能力は鋼のボディ!飛行!電撃!という最強クラス。だけど中身は中学生。まあやることがしょうもないんですよね。電撃で自販機バグらせてドクターペッパー盗みまくったり、電撃ショーで小銭稼ぎしたり、、、それでもやっぱりヒーローには敵がいるもので、主人公と同レベルの力を持ってして悪だくみをする輩がいるんですよ。心は中学生の主人公は太刀打ちできるのか!といった感じの内容です。この映画のおすすめポイントは明るくてコミカルな作風です。DCはダークナイト三部作やジャスティスの誕生のような暗い雰囲気の作品が多かったのですが、近年は明るい作品も多く特にシャザム!はぶっちぎりのコミカルさだと思います。また、青春もの、ファミリーものとしても完成度の高い作品だと思います。アメコミ初心者でも楽しめると思うので是非観てみてください。まあまだDVD出てないんですけどね。

初ブログこんなもんでいいですかね。ほとんど映画紹介だけどどんな人間かはわかったかと思います。他の新入生のブログと比べて浮かないことを願います。それでは。

新入生ブログリレー#0 ようやく始まります

北大祭がいよいよ明日に迫り、初夏の緑が美しい季節となって参りましたが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。始めに断っておきますが、このブログは明日より始まる新入生ブログリレーの見本として書いたものであり、僕は新入生ではありません。あらかじめご了承ください。それでは、新入生という体で、一年前を思い出して書いていきたいと思います。

初めまして、経済学部2年の相原といいます。札幌出身です。ちなみに、生まれた病院はすぐそこの天使病院です。この話をとある友人にしたら、「天使大学行けよ」と言われました。映研に入った理由は、高校時代、放送局で短いテレビドラマなどを作っていた経験があり、大学でも映像制作をやりたいなと思ったからです。

映研では、将来的には脚本を書いて、監督をやりたいなとぼんやり思っています。また、映画にとても詳しい人が多いので、自分も負けないようにたくさん映画を見ていきたいと思います。好きな映画は、洋画ならスターウォーズ、邦画なら百円の恋か三谷幸喜作品です。基礎クラスの自己紹介でスターウォーズ好きと言っていた人がいて、彼と仲良くなり、一緒に映研に入ったのですが(現会計の松井)、彼はプラモデルや昔のDVDなども持っていてとても詳しいので脱帽です。エピソード8に対してはいろいろな意見があると思うので、是非映研のいろんな人と議論してみたいです。

それではここで、一つ映画の紹介をしたいと思います(ここからは今の僕の話です)。先日、ディノスシネマズ札幌劇場という、札幌の歴史ある映画館が閉館となってしまい、その記念上映で再上映していた「勝手にふるえてろ」という映画を見てきました。これは2年前の作品で、主演は松岡茉優で、他には石橋杏奈とか北村匠海などが出ています。石橋杏奈は楽天イーグルスの守護神、松井祐樹と結婚して話題になりましたね。有名人でよくある姉さん女房ですよ(うらやましい)。で、映画の内容はというと、【恋愛経験のない主人公のOL、ヨシカが2つの恋に悩み暴走する様を描くコメディ。突然告白してきた同期「ニ」と中学時代から脳内片思いを引きずる「イチ」との間で揺れ動き、、、(映画.comより)】みたいな感じなんですが、一言で《ラブコメ》と片づけられるものではなく、とにかく展開が物凄くて、二時間無駄なシーンが1秒もなく、抜群に面白い。もちろんコメディではあるので笑えるシーンは多いです。一部のマニアにしかわからないネタもあります。笑いのセンスがとても良いです。「恋愛映画」というより「ヨシカという一人の妄想癖があって絶滅した動物が好きな一見普通だけどちょっと変わったOLのある意味壮絶な物語」としか呼称できません。そしてなにより松岡茉優が天才です。可愛いことは言うまでもないですが、演技が天才的に上手い。一本の映画の中で、一人の女優がこんなにもありとあらゆる感情を表現しきった映画があったでしょうか。とにかく面白いです。AmazonPrimeにあるので見たことない人はぜひ見てほしいです。とりあえず予告編見てください。

あともう1作、同じくディノスの記念上映で「はじまりのうた」っていう洋画も見たんですけど、これのラストシーンが本当に素晴らしかったですね。シングストリートと同じ監督の音楽映画で、まあAmazonprimeにもあるのでぜひ見てほしいんですけど、とにかくラストシーンが綺麗すぎて、画で伝えるってこういうことなんだなって改めて実感しましたね。まあそもそも映画って映像が一番大切で、説明的なセリフを極力排除して、映像で伝えなきゃなんないんですよね。まあ具体的に言うと、「彼はもう私の事なんて考えてないのね、ああとても悲しくて暗い気持ちだわ。」みたいに心情をいちいちセリフで言ったら変じゃないですか。でも脚本書いてるとやっぱりなかなか難しくて、ついセリフに頼りたくなっちゃうんですけど、はじまりのうたのラストは本当に完璧でしたね。無駄なセリフが一切なくて全てがわかる、そして画もむちゃくちゃ綺麗。やっぱ良い映画って画がいいんだなぁ、としみじみ思いましたね。これも予告編のリンク上げときます。

 では、本当はもっと書きたかったのですが時間がないのでここらへんで終わります。明日からの新入生ブログリレーお楽しみに!!