春新歓ブログリレー#23

こんにちは、北大映研部長の熊本です!

新入生の皆さんの中には一人暮らしで不安な毎日を送っている人もいらっしゃると思うので、今までのブログを読んだり紹介されている映画を観たりなどして学校に通えるまでの日々を少しでも楽しく過ごしてくれればと思います。サークルとしても対面の春新歓を行えないためこのような形を取っていますが、新歓日程が決まり次第、ツイッターで告知しますのでもう少々お待ちくださいm(_ _)m。このサークルに興味を持ってくださった方はツイッターやメールなどで気軽にご連絡ください!!

徐々に落ち着きだしたコロナウイルスですが、まだまだ油断ならないだけでなく、日々ニュースでは息苦しい現状が映し出されています。アメリカでは白人の警察官に取り押さえられた黒人男性が死亡した事件で、抗議デモが全米に広がっています。白人警官による黒人への不当な取り締まりは今に始まったことではなく、ここまで表面化することが少なかっただけです。かつてこのような事件があったとしてもどこか他人事で見過ごしてしまうだけでなく、耳に入らないことが多かったのではないでしょうか。

ここで私が紹介する映画が『デトロイト』という作品です。

640

この作品はデトロイト暴動とその最中に起きた ”アイジェ・モーテル事件(1967)” を描いています。この “アイジェ・モーテル事件” でも白人警官(男性)による黒人や白人女性への不当な取り締まりや殺人を含んだ暴力がありました。こんな風に字面でも「ヒドい話ですね」となるようなことではあるのですが、この作品で描かれることはそれだけではないのです。冒頭1時間はこの事件の被害者や加害者の生活、1967年のデトロイトの空気感が丁寧に描かれるのですが、徐々にとんでもない地獄に突入していきます。約40分描かれるこの事件の模様はまるで観客がその場にいるかのような息苦しさ、恐怖に満ち満ちています。この恐怖はニュースでは感じられないもので、他人事と思うのは不可能なほどです。

この作品の主演であるジョン・ボイエガは映画秘宝のインタビューで『いまの時代は当時と何も変わっていない』と語っていました。この作品が2017年に公開されたことを考えると予言的といえます。

またこれは「日本だから関係ない」とはいえません。コロナウイルスの影響で欧米でアジア人がどのような扱いを受けたのか、思い出してください。

このような悲劇を二度と繰り返さないためにも、是非ご覧いただきたい作品です。

春新歓ブログリレー#22

気がつけば6月も目前!「まだこするか」とか思っても言わない!新入生皆さん入学おめでとうございます!

 

最近は家でぐーたらしてる、北海学園大学工学部三年、北大映研も三年目の髙桑です。僕は北大外部のサークルメンバーと言うことであまり北大のことはよくわかりませんが学園もなんだかんだオンライン授業で日々缶詰状態です・・・これに慣れてしまったら翌年以降の大学生活がきっつくなるので気を引き締めまして・・・

 

僕は普段なら音声として録音をして、その音を確認したりと言うことをしています。そして映研部員にあるまじき、あまり映画を見ない人間です!そんな僕ですが紹介する映画は去年公開の映画プロメアです。

この映画はアニメ、「天元突破グレンラガン」や、「キルラキル」を作った今石洋之氏と中島かずき氏による作品です。内容としては主人公ガロ・ティモスら高機動消防隊メンバーがバーニッシュという新人類のとある少年?(ココ解釈余地)リオ・フォーティア含む人々と戦いを繰り広げる・・・そんな感じです。

僕がこの映画で注目していただきたいのは作画に用いられる縁の線です!この映画は顔の輪郭を取るときなどにあまり黒を用いず、近い色やパステルカラーで表現しています。これによってCGを使ったときの”作画とCGの違和感”が非常に少ない、それどころか違和感なくすっと切り替わるんです。僕はアニメとか映画を見ていても、CGと作画が混じっていたり、切り替わるとどうしてもその違和感が気に入らない・・・?気持ち悪い・・・?なんというか受け入れられないんですね、見ますけど。ですがこの映画はそういった問題を技術で、CG側でなく作画側でクリアした作品となっております。

他にもシナリオもアツイ、アツゥイものとなっておりますので気になった方は是非このご時世、DVDをどうにか入手して(笑)、見ていただければと思います!

それでは、録音部希望者待ってます!!北大映研の髙桑でした。

春新歓ブログリレー#21

新入生のみなさん、ご入学おめでとうございます!

最近オンライン授業で目、肩、腰がやられている2年目の稲葉です(ブログ更新遅れてごめんなさい…)。ずっとパソコンとにらめっこだと、どうしても凝っちゃいますよね。ストレッチなどで適宜体をほぐしときましょう。

さて、新入生の皆さんへのアドバイスを…少しばかりの私自身の後悔とともに。

それはずばり、健康管理徹底しよう!ということです。このご時世ですから、もちろん健康に気を使っている人がほとんどだと思います。しかし、あえて言わせていただきたいのです…。

先週あたりからついに授業も始まり、課題が多くてつい睡眠が不規則になったり、手抜きご飯になったり…なんてことがあるのではないかと思います。様々な変化で疲れている身体には、不規則な変化がかなりの負担になったりします。そして、負担がたまって体調を崩してしまうと、勉強へのモチベ低下にも繋がってしまいます…。私自身、去年のこの時期にはしょっちゅう体調を崩してしまい、課題をあまり進められず、ぎりぎりになって無理やり夜更かしして終わらせ、また体調を崩す…という悪循環に陥っていました。こんな風にならないように、ぜひご自愛を…。

少し長くなってしまいましたが、健康って本当に大切です。新生活、慣れないことも多くて不安だらけだと思います。たくさん食べて、寝て、家族や友達と連絡とったりして…心身ともに健康に過ごしてください。

 

では、おすすめの映画を紹介したいと思います!私がおすすめする映画は、『スーサイド・スクワッド』です。ざっくり説明すると、服役中の悪役たちがチームを結成し、新たな悪をぶっ飛ばす!という映画です。この映画に出てくる、とても「ヒーロー」とは呼べないキャラクターたちは、みんなクセ強めですが、とても魅力的です。この映画を観ると、気分がスカッとするんじゃないかなあと思いますので、ぜひ。そして、この映画で大活躍のハーレイ・クインが主人公の『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』が、今年公開されましたね。私はまだ観れていないんですが、近々DVDが出るみたいなので、そちらもあわせて観ると楽しそうですね。

suicide squad

ここまで読んでくださった方、ありがとうございました!活動が始まりましたら、ぜひ映研に遊びに来てくださいね!

春新歓ブログリレー#20

新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます!

ただいま洗面所を巨大スズメバチに占拠されて風呂から出られない二年目の阪下です。俺は一体どうすればいいんでしょうね。

初めての大学での授業がオンラインなんて、私は本当にこの大学に入学したのだろうか…なんて思ってしまうかもしれませんが、気を強く持っていきましょう。自分からのアドバイスはタイピング速度をあげることです。小さなことですが、入力速度が上がると、レポートなどの課題を早く終わらせられるので自分の時間を多く取れるようになります。一年生のうちに書くレポートなんて文字を打ち込む時間が8割ですからね。まあ、オンライン授業になると出欠確認がわりに課題を出す先生が増えるので、ほっといても勝手に速くなるかもしれませんが。

で、映画なんですが、僕は「フランシス・ハ」という映画をおすすめします。image.html

かっこいいポスター。主演はグレタ・ガーウィグで、アダム・ドライバーも出てきます。二人とも今をときめく人気俳優ですね。

主人公フランシス(27)が憧れのプロモダンダンサーを目指してニューヨークで奮闘する生活を描いた青春もの(主人公の年齢的にそうは言えないか…?)作品です。三十路に差し掛かった主人公、同世代の知り合い達はなんだかんだいって生活を落ち着けようとしているそんな彼女は、彼氏にフラれ、友達とのルームシェアも解消、所属していたバレエ団のチームからも外されてしまいます。散々な目に遭う主人公は、そんなままならない状況に対してどう対処するのか?ストーリーはもちろん、音楽や登場人物の喋り方など、ちょっと変わった作品ですが、86分とそんなに長くないので是非楽しんでみてください。

それでは、出歩けるようになったら映研にきてみてください。楽しいですよ。

自分はいまからハチと格闘してきます。

春新歓ブログリレー#19


みなさんこんにちは、映研2年目、経済学部の佐藤です

オンライン授業も2日目が終わりましたね!それぞれの授業1回目、ガイダンスなどなどどうでしょうか??オンデマンド形式のものは後で見ればいいや、と思ってしまいますね、めんどくさーい

私からのアドバイスは、趣味の時間、居心地のいい時間をきちんととること、です

大学という新しい未知の世界に入って慣れない中、履修が、、、サークルが、、、今回はオンライン授業が、、、課題がー、、、と追われてしまっていっぱいいっぱいになってしまう人もいると思います。 追われているとそんな時間とる暇ないよ!と思ってしまうかもしれませんが、個人的には、大学って自分が思ってたよりかはどうにかなる、というのが1年過ごして思うことです。なので焦りすぎず好きなことに時間を使うのもいいのではないでしょうか、、、? こんな時期なので、好きなことに時間をかけて心を豊かに過ごしましょう〜


そして、心が豊かになるといったら映画ですね

私がおすすめする映画は『 Lady Bird 』です。  2017年の映画で、アカデミー賞にも何部門かノミネートしたので観たことがある人もいると思いますが、そんな人は「大学進学」というイベントを終えた今、改めて観てみるのもいいと思います!観たことない人はぜひ観てみてください!

1A38EE73-A94A-451F-A92F-4E49C01BF138

主人公は、高校生活最後の年になり、住んでいる片田舎から出て都会の大学に進学したい、と考えている女の子。お互いに素直になれない母娘の関係だったり、友情や恋愛などを描いた青春映画です。2002年のアメリカが舞台で、色合いなどのノスタルジックな雰囲気がとても素敵です

そして、個人的にはキャストも最高です!主人公には、シアーシャ・ローナン(『Brooklyn』)、彼女の周りにはルーカス・ヘッジズ(『Manchester by the Sea』)、とにかくかっこいいティモシー・シャラメ(『call me by your name』)などが出演してます!括弧の中の映画も私が好きなおすすめ作品です!『call me by your name(君の名前で僕を呼んで)』なんかは、まず、もう音楽からして最高です。この映画のサントラを寝る前に聴くと穏やかな気持ちになれます

話は戻りまして。『 Lady Bird 』は1時間半ほどのあまり長くない映画なので、息抜きにでも観てみてください、素敵な映画です!


自分で予定してたのより長々した文になってしまいました、映画の話するのは久しぶりだったので楽しくなっちゃいましたね

ここまで付き合って読んでくれてありがとうございます

そして、ここまで読んでくれた人は映研に興味があるはず!活動できるようになったらぜひ映研に来てみてくださいね〜


 

春新歓ブログリレー#18

皆さんこんにちは、映研3年の山口です。

昨今のコロナ禍によって長引く春新歓ブログリレーですが、まさか自分には回ってこないだろうとタカを括っていたところに不意打ちをくらいました。というのも、今私は函館にいます。ここでピンときた方もいると思われますが、私は北海道大学の水産学部に所属しています。なので今年の3月から、2年間過ごした札幌を離れ、函館へ飛ばされました。このような状況なので、もはや自分が映研の部員として認識されていないのではないか?と思っていたのですがどうやら認識はされているようです。このような生暖かさは映研のいいところですね。

さて、オススメ映画紹介ですが「夜は短し歩けよ乙女」などは大学生活の雰囲気を感じられていいのではないのでしょうか?

これを読んでいる人に会うことができるかわかりませんが映研部員、新入生の皆様きっとまた会いましょう。それでは

春新歓ブログリレー#17

新入生の皆様入学おめでとうございます!桜もいい感じに咲いてますね。
ブログリレーを危うく途絶えさせてしまうところだった2年森島です。
冷や汗をかきながら文章を書いています。
僕は2年で、しかも昨年の秋新歓から映研に入った身なので、偉そうなことは言えません(笑)が、とりあえず楽しそうだと思ったらぜひ映研に入ってみてください!

アドバイスですが、大学に入ったら行動の自由度があがるので自分の好きなことを見つけてそればかりやっていけばいいと思います~。嫌いなことから逃げても怒られることはあまりないので自由度の高い生活を謳歌してください!ただ、その分尻拭いをしてくれる人もあまりおらず、自分の責任なのでそこは注意してくださいね、、

最後におすすめの一本ですが「何者」です。これを見て就活とSNSに震えましょう。
合わせて原作を読むこともお勧めします。中田ヤスタカもかっこいいです。

読み返して、硬いなあ、と思って加筆修正した森島でした!

どうか感染症にはお気をつけください。

春新歓ブログリレー#16

新入生の皆さんご入学おめでとうございます。オンライン授業が楽しくなってきた、3年目の西山です。家にいる時間に映画をよく見るようになった、好きになったという方もいるんじゃないでしょうか。そんな方は是非映画研究会の新歓に気軽に来てみてくださいね。実際に入らなくてもいいので来てみてくださいね。

大学生になったら帰省とか旅行をする機会がありますが、飛行機を使う場合はなるべく早めに予約するようにしたほうがいいと思います。特にLCCが通っていない地方から来ている方は実家に帰ろうとすると何万円もかかってしまいますから、予定が決まったらすぐに交通の手配をすることは割と大事です。(とはいっても今は家から出ないでくださいね)(あんまりためになるアドバイスが思いつきませんでした。#1~#15を参考にしてください笑)

私がおすすめしたい映画は「ナポレオン・ダイナマイト」です。出てくるキャラクターみんな癖が強くて滅茶苦茶ゆるい映画です。なにも考えずに笑える作品なのでゴールデンウィークの時間があるときに見てみてほしいです。

以上、西山でした。読んでいただいてありがとうございます。

春新歓ブログリレー#15

初めまして。ご入学おめでとうございます。

メルカリでギリギリお金やりくりしてる2年鈴木です。

大学に入ったら旅行に行きましょう!

なぜなら、社会人になってからいざ旅行といっても、時間を開けるのが難しくなってしまうと思うからです。

バイトしたりメルカリで売ったりして金貯めて海外にでもいきましょう。絶対楽しいですよ!

おすすめ映画ですが、旅行にちなんで飛行機のシーンが印象的な『The Wolf of Wall Street (ウルフ・ オブ・ウォールストリート)』をオススメします。

ジョーダン・ベルフォートという実在の人物をモデルとした映画で、おもしろい映画です。俳優のレオナルド・ディカプリオの役が好きです。

今はこのような楽しそうなことを計画して、過ごしていきましょう〜

春新歓ブログリレー#14

 新入生のみなさん、ご入学おめでとうございます。
 
 北大2年の最近一人やとノイローゼになりそうやから地元の友達と夜中に女子高生なみの長電話をしている浦野翔太です。

 書いて思ったけどビックリするくらい挨拶おもんないな。最近生活がオモロないから思考もおもんなくなったんでしょうね。

 一応先輩になる身分として後輩に伝えたいことと言われると、色んなことをこまめにやることやと思います。特に北大に合格した子に関しては多くの子が一人暮らしをすると思うので料理したり掃除したり洗濯したりと今まで親に甘えてた代償が押し寄せるかのごとく大変な目に合うかと思いますが、面倒くさいからといって溜めるとろくなことはありません。一回料理したらガステーブルちゃんと拭いて、シンクきれいにしてってせな1ヶ月でえらいことになります。僕も最近までできてませんでした。引っ越してその重要性に気づいたので特に僕みたいに魚を捌く人は気をつけましょう。

 映画研究会なので今まで見た何百もの映画の中から厳選してご紹介とかしたいんですけど昨年12月に見たアナ雪2以降一本も映画見てへんぐらい映画あまり見ませんし知識うっすいのでご容赦ください。
 
 その中で挙げるとすると昨年やったかな?にやった菅田将暉主演のアルキメデスの大戦はめっちゃ良かったですねー。太平洋戦争の時の日本の海軍の話なのですが、笑いのポイントもあり、話としても特にラストは深くてとても面白かったです。

 この時期なんにもやることがないという人は多いと思うので是非見れたら見てみてもいいんちゃうかなと思います。

 わざわざここまで読んでくれた人ありがとうございます。それでは。