秋新歓ブログリレー #3

皆さんこんにちは。一年で会計の新田です。最近はめちゃくちゃ寒くなってきました。体調管理に気を付けてください。

さて、前の二人にならって僕も作品紹介したいと思います。僕からは映画「ウォーターシップダウンのうさぎたち」を紹介します。

ポスター

1978年公開のイギリスのアニメーション映画で、同名の児童文学が原作です。巣の崩壊の未来を予知したことで、ウサギたちが理想郷を目指して過酷な冒険の旅に出るというお話です。

よくある動物が主人公の児童文学と違う点が2つあります。一つ目が擬人化されておらずウサギたちは現実のウサギのような生態でそのまま描かれている点です。穴を掘って巣を作ったり、普通に四足歩行したりします。ピーターラビットとは全然違いますね。過酷な自然界の生存競争もデフォルメすることなく克明に描写されています。そのためグロテスクな場面もちらほらあります。(結構しっかりグロいとこグロい。)

もう一つが、先ほどの説明と矛盾するように感じるかもしれませんが、ウサギたちは独自の言語、独自の宗教、独自の社会制度をもつ知的生命体として描写されている点す。例えば言語としては、 エリル=ウサギの天敵たち(鳥や犬など)、フリス=太陽・神(ウサギたちは太陽を神として崇拝している)、アウスラ=巣の中での上流階級 などです。ウサギたちの持つ世界観・宗教観は冒頭で丁寧に描写されるので、何も前情報なしに見ても理解できます。

いかがだったでしょうか。僕もつい最近見たばかりなのですが非常に見ごたえがあって面白い映画でした。劇中歌の「Bright Eyes」はとてもきれいな曲なので聞いてみてください。

最後に、映画研究会では秋新歓をやっています。情報をtwitter(@hucinema)で発信していますので、是非チェックしてみてください!

 

秋新歓ブログリレー#2

皆さんこんにちは、一年の根岸です。対面活動が解禁されて間もないため、僕はまだ映研の活動にはあまり参加できていません。なので映研の活動紹介は他の人に譲り、ここではおすすめの映像作品を紹介したいと思います。

僕の紹介するおすすめ映像作品は、脚本家、吉田玲子さんがシナリオに携わっているアニメ作品です。

吉田玲子さんは、1994年、『ドラゴンボールZ』からアニメ脚本家としてのキャリアをスタートした大ベテランです。『猫の恩返し』や『けいおん!』、『聲(こえ)の形』といった数多くの人気作品の脚本を手掛け、現在でも第一線で活躍する脚本家として、アニメ界に不動の地位を築いています。

私が思う吉田玲子作品の魅力は、「キャラクターを立てることが非常にうまい」ということです。登場するキャラクターはどういった性格なのか、キャラクターの間でどのような関係性が構築されているのか、そういったキャラクターに関する情報が過不足なく、それでいて分かりやすく吉田玲子さんの脚本からは伝わってきます。

そんな吉田玲子さんの「キャラクターを立てる」脚本の中で、僕が最も素晴らしいと感じるのは、アニメ『ガールズ&パンツァー』の脚本です。

e19d7154-s

『ガールズ&パンツァー』は、女子高生が学校対抗でチームを組み、戦車に乗って戦うというかなりぶっ飛んだ設定のアニメなのですが、それよりもぶっ飛んでいるのがその登場するキャラクターの多さです。主人公の所属する高校の戦車チームだけで37人、他の高校のも合わせれば優に50人以上ものキャラクターが『ガールズ&パンツァー』には登場します。

しかし、そんなキャラクターの多い『ガールズ&パンツァー』の脚本を、吉田玲子さんは華麗にまとめ上げています。

ただアニメを見ていくだけで、50人以上いるキャラクターの、名前は覚えられずとも、そのキャラクターが大体どんな人物か、どういう風に人と関わるのかといったことが分かってしまう。そんな「キャラクターを立てる」吉田玲子さんの脚本術には思わず平伏してしまいます。

先日、金曜ロードショーで話題となった『ヴァイオレットエヴァ―ガーデン』、現在劇場で絶賛公開中の『すみっコぐらし 青い月夜の魔法のコ』、そしてTVアニメ『ブルーピリオド』と、吉田玲子さんが脚本に携わる作品は枚挙に暇がありません。

ANI-02_violetCL001319-scaledOIP (2)kv1_logo_blue

是非映画一本からでもよいので、魅力的なキャラクターが登場する吉田玲子ワールドに触れてみてください!

最後になりますが、映研では秋新歓が企画されています!まだ時期は未定なのですが、映研のtwitter(@hucinema)で随時情報発信していく予定ですので、興味のある方はチェックしてみてください!

秋新歓ブログリレー#1

皆さんこんにちは。この度代替わりで部長になりました、2年の古川です。秋新歓に向けて、また代替わりの告知もかねてブログリレーをすることにしました。これから一・二年が定期的に簡単な記事を投稿していきます。

初回は、簡単に映研の活動について触れておこうと思います。映研は、基本的には部員同士で脚本、役者、カメラ等分業して映画を撮ろう、というサークルです。これまではコロナの影響でほとんどそういう撮影はできませんでしたが、最近になって活動できるようになってきました。映画を作ってみたい方、映画に出てみたい方、そこまでじゃないけど映画好きな方、ちょうど撮影を再開しつつある時期なので、ぜひ。

映研のブログですから、映画紹介でもして終わろうと思います。今回僕が紹介するのが、「最後の決闘裁判(原題:The Last Duel)」です。ブレードランナーやエイリアンで有名なリドリースコット監督の作品で、決闘によって善悪を決める(神は正しいほうに味方するので、善い者が勝つ)という「決闘裁判」の、歴史上最後に行われたとされるものを描いた作品です。最後の決闘シーン182556_02の迫力は言わずもがなですが、それに至るまでも、「真実はどうなっているんだろう?」と気になって、退屈せずに見ることができました。映画館によってはまだ上映しているところもあると思うので、暇だったら観てみてください。

とても短くなってしまいましたが、以上で初回のブログリレーは終わろうと思います。時期は未定ですが秋新歓を行う予定があるので、「入り時を見失ったけどちょっと気になるな」って方は、映研のツイッターを覗いたりしてみてください。時期が決まり次第、告知します。

春新歓ブログリレー#14

みなさんこんにちは。部長の佐藤です。

今回もブログリレーのトリをつとめさせていただきますが毎度のことながらサークルや大学のことは他の部員に言い尽くされて特に言うことはありません。(というか新入生も大学に慣れてきた頃でしょう)ということでいきなり映画紹介にいっちゃいたいと思います。

今回紹介する映画は『ノートルダムの鐘』です。

a047112

この映画は1996年に公開されたディズニーのアニメ映画です。90年代のディズニーはリトルマーメイドやアラジン、美女と野獣などの名作を数多く生み出し、ディズニールネサンスと呼ばれるほど絶好調でした。ノートルダムの鐘もそれらの作品に勝るとも劣らない傑作です。

ざっくりとした内容は、パリの最高裁判事フロローにより幼い頃からノートルダム大聖堂に監禁されていた容姿が醜い男、カジモドが外の生活を夢見る中、ひょんなことから出会った美しい女性、エスメラルダとともに脱走を図り…といった感じです。

この映画は他のディズニー作品と比べると話が重く、かなり考えさせられるような内容になっています。しかし、映像や音楽はとても美しく、見終わった後に心に残り続けるとても素晴らしい作品です。吹き替え版だとカジモド役の石丸幹二さんの素晴らしい歌声が聴けるのもいいですよ!

アナ雪やシュガーラッシュなどの最近のCGアニメも実写を超えるような美しい映像ですが、2Dアニメにはまた違った良さがあります。特に日本のアニメに見慣れている方ならディズニーの2D作品を見返すとその表現力の高さに改めて驚くのではないでしょうか。鬼滅の刃やシンエヴァ、コナンなど、日本映画界がアニメで盛り上がっている今こそ昔の海外アニメ映画を見てみるのはいかがでしょうか。

それでは短いですが今回はこの辺で!またお会いしましょう。

春新歓ブログリレー#13

 こんにちは、北大3年の浦野翔太です。
 昨年からのコロナウイルスの影響で入学した瞬間から授業はオンラインでサークルもほとんど活動していないという状況で、華々しい大学生というイメージとは異なった生活を送ることになって、1年生としては非常に残念なことだと思います。
 新入生へのアドバイスとしては、コロナの自粛期間を利用して何かに挑戦してみるといいんじゃないかなあと思います。
英語の勉強を頑張ってみるのもいいでしょうし、一人暮らしの人はちょっと凝った料理に挑戦してみるとかもいいでしょうし、毎日筋トレをするとかみたいなちょっとした目標でもいいので立ててやってみると案外充実した時間を過ごせるかもですよ。
 魚さばきまくり料理大好き人間としては、料理をお勧めします。男性にしろ女性にしろ料理出来たら役立ちますし。
 映研部員としては映画をおすすめしなきゃなのですが、昨年からなかなか忙しくて映画をここ1年間で1本しか見ていないという部員として切腹レベルの大罪を負っている身なので、ほんとのおすすめを紹介できないのが心苦しいですけども昨年見たやつを紹介したいと思います。
 それは、「新解釈三国志」です。名前の通り歴史ものなのですが、ほとんどギャグみたいな作品です。キャストは大泉洋主演で、山田孝之や佐藤次郎や橋本環奈、ムロツヨシ、渡辺直美など恐ろしく個性派で癖の強い人たちを詰め込んだ作品です。
 正直めっちゃ好き嫌い分かれるタイプの作品なので、ここで紹介すんのどうなんだっていう話ですが、テレビ東京系列の「勇者ヨシヒコと魔王の城シリーズ」という山田孝之主演のドラクエのパロディの超低予算ギャグドラマ(ほとんどの人知らないと思うけど………)を見ていた人なら、同じ監督の作品なので、ツボると思います。
 ということでめちゃくちゃコアなところにしか響かないような作品を紹介したところで、僕のお話は終わりにしたいと思います。コロナが収まって皆さんと撮影で会えるのを楽しみにしています!
                                                    以上

春新歓ブログリレー#12

こんにちは。映画研究会二年のますやまです。とうとう映画研究会が何たるかをあまり知らないまま新歓ブログを書くことになってしまいました。初めに新一年生へのメッセージですが正直僕がメッセージほしいくらいです。歓迎されたいのは僕もなんすよ。だからもし入部して顔を合わせることがあったら僕も一年生的なポジションにいさせてください。

今年度の一年生はオンライン授業なんですかね。僕は今年も全部オンラインです。ちくしょう。もし対面授業があれば適当に隣にいる人に話しかけてみましょう。大丈夫です「出身地トーク」「部活サークルどうしようトーク」をしとけば勝手に盛り上がります。多分。その時に「映画研究会入ろうと思ってんだよね~一緒にどう?」とか言っといてください。
友達作れるか心配でなかなか行動できない一年生はぜひ僕と仲良くしましょう。でも二年生だからと言って僕がご飯を奢ると思ったら大間違いです。
続いておすすめの映画ですね。皆さん「任侠映画」って見ますか?怖い見た目のお兄さんたちが「なんだこの野郎馬鹿野郎」とか言い合ってバトる大変愉快な映画です。今回はその中から『闇金の帝王』という作品を紹介します。

51J-tx7OfuL._AC_SY445_
この作品は原作者の実体験をもとに彼の半生を描いていて、ただただ殴り合い銃をバンバンするわけでなく、「裏社会のビジネス」が大きなテーマです。
「闇金業界の実態をリアルに描いた金融犯罪ドラマ。闇金業を営むため歌舞伎町に降り立ったひとりの男・南無玄之介は、路上で出会った男・クロと共に商売を始める。しかし、かつての商売仇である河本との駆け引きがヤクザ組織を巻き込んだ戦争に発展し…。」というあらすじらしいです。アマゾンのコピペです。
主人公の南無玄之介を演じるのは任侠映画お馴染みの小沢仁志さんです。見てくださいよこの迫力。「リアルな闇金業界」というテーマも経済学部の学生必見の内容ですね。
さっきからずっと文がフワフワしてたりコピペしてたりする理由なんですが、僕この映画見たことないんですよね。というかヤクザ映画見たことないです。じゃあなんでここで紹介しているのか。実はこの映画の原作を書いたの僕の父親なんです。あ、待って、宣伝ではないです。かなり昔の映画ですし。問題はそこではないんです。初めにこの映画について「この作品は原作者の実体験をもとに彼の半生を描いていて、」と書きましたよね。つまりこの映画は僕の父親の半生をそのまま描いていることになります。
となると僕の父親は…。どうすか?少し気になりませんか?気になる方はぜひ映画研究会に入って(強引)、一緒にこの映画を見ましょう。どうやらアマプラで見れるらしいので今なら息子である僕の副音声つきで楽しめますよ。
みなさんの入部お待ちしてます!すいませんでした!

春新歓ブログリレー#11


みなさんこんばんは。3年目の岡崎です。

やっと桜が咲いてきてるなーなんて思ってたのに今日は霰が降っていたのでびっくりです。

自粛期間が続き、最近は気温差も激しいのでお家でゆっくりできる趣味や時間をかけてやるものを始めてみてはいかがでしょうか。私は最近始めた編み物をしながらNetflix垂れ流してます。

編み物中でも気軽に見れるコメディ映画を一つご紹介したいと思います!

それは「鍵泥棒のメソッド」です。

売れない役者、桜井は、銭湯で出会った羽振りのよい男、近藤が転倒して記憶を失ってしまっている隙に出来心で自分と近藤の荷物をすり替え、そのまま近藤になりすます。

しかし、近藤は伝説の殺し屋で、桜井は恐ろしい殺しの依頼を代わりに引き受けなくてはならなくなる。一方、自分が売れない貧乏役者だと思い込んでいる近藤は、役者として成功するため真面目に働き始める。全く違う2人の人生が入れ替わってしまうコメディです!

会話のテンポが良くてサクサク見ることができます。気になった人は見てみてください〜

そしてぜひ映画研究会に入って沢山撮影しましょう!

春新歓ブログリレー#10

どうも皆さんいかがお過ごしでしょうか。3年生の片桐です。そろそろ桜が咲くころですね!~なんて思っていたのですがどうやら昨日22日には開花したそうです。構内にも咲くのでいいものが見れるかも?

では映画紹介していきます。amazon primeで発掘した『裏切りのサーカス』。舞台は冷戦期のロンドン、英国情報局秘密情報部「サーカス」。一度サーカスを辞した主人公は組織の最高幹部の中にいる裏切り者を炙り出すという困難な任務につく。

スパイ映画です。ただ、ドンパチやってヘリコプターが爆発したりはありません。印象としては複雑、難解、硬派、重厚、です。僕は2回見ましたがまだ完全にはわかりません!ですがその分楽しめます。スルメ。俳優陣も豪華らしいのでイギリス俳優ファンにもおすすめ!雰囲気について言えば英国感とリアルなスパイっぽさがよいですね。どっしり構えて見てみるといい映画でしょうか。

こんなご時世でつらいですが、映画でも見つつがんばっていきましょう。

では今回はこれでさようならー

春新歓ブログリレー#9

こんにちは!3年目の田中です。

春休みが長く、色々とYouTubeに載っている動画や最近新しく加入したAmazonプライムでドラマやアニメを見ることにハマっていました。他にも、今年初めて劇場で「すばらしき世界」という映画を見ました。

まだ対面では活動できないですが、今こそ沢山映画やドラマなどを見て楽しんでいきましょう!ちなみに私は4月からのドラマを「ネメシス」「生きるとか死ぬとか父親とか」「着飾る恋には理由があって」」の3つを掛け持ちして見る予定です笑ドラマをたくさん見ていると充実度が上がる気がするんです!🌼

さて、私が春休みに鑑賞したものについて2つに絞って書いていきます。

最初は、打首獄門同好会というロックバンドのYouTubeチャンネルで公開されている番組、「10獄放送局」です。全49回というとても長い番組になっているのですが、番組のロケが北海道で行われることが多いのと、バンドがやる企画かどうか疑うような奇抜な内容に中毒性があります笑1番新しい動画では、ライブ(コロナ禍になってからの)にて換気をする時間に流す曲を面白おかしく制作するという内容になっています。是非この番組の緩い雰囲気にハマってみてください笑

「10獄放送局」リンク→https://youtu.be/jrrLBoPmVq8

次に2021年最初に劇場で鑑賞した映画「すばらしき世界」についてです。この映画の内容については大まかに言うと、元犯罪者が周りの人からの協力を得て更生していくというものです。割と重ための内容にはなっていますが、きれいな夜景のシーンや光がぼやけたようなシーンは神秘的で印象に残ります。私は自分の好きなアーティストが見に行ったという情報を得てそれで見に行ったのですが(単純笑)いい作品に巡りあえたな~と感じることができました!もう今では劇場で見られなくなっていますが、今後レンタルやサブスクリプションで見られるようになると思うので興味が湧いてきたという方は是非見てみて下さい!すばらしき世界

“映画“研究会ではありますが、ドラマやアニメ、MVなど色々な映像作品のジャンルが好きな人たちが集まっています。是非映画研究会に入って、一緒に楽しみましょう✨

春新歓ブログリレー #8

皆さんこんにちは。だいぶ暖かくなってきましたね(札幌はまだまだ涼しいですが……)

今日はブログを書く当番ということでこうやって自分が書かせてもらっています。自分はこの春から2年生になる身ですが、正直言ってまだ大した活動もしていません。心は新入生の皆さんと同じでフレッシュだと思います。多分。

そんな感じだったので新入生の皆さんに対して偉そうにアドバイスなんかできる身分でもありません。強いて言うなら「オンライン授業でずっとパソコンを開いているからと言って授業中にTwitterを見ない方がいい」ということでしょうか。十中八九話を聞き逃します。

さて、映画研究会のブログということで、オススメの映画を紹介しなければならないそうです。世の中、良い映画がありすぎてオススメしろと言われても迷ってしまいますが、ここは1967年公開、岡本喜八監督の『日本のいちばん長い日』をプッシュしたいと思います。タイトルにある「日本のいちばん長い日」とは1945年8月14日のこと。つまり日本がポツダム宣言を受諾し降伏するまでの24時間を描いた作品です。今作の特徴は、戦争映画であるにも関わらず会話のシーンが非常に多いことです。そう聞くと退屈そうに思われるかもしれませんが、テンポ良く進んでいくので非常に面白く観ることができます。昭和の時代、まだ白黒の映画ですが、普段白黒映画なんか観ないという人にもオススメしたい作品です。NetflixやAmazonプライムビデオでも視聴できるので時間があるときに是非。

ご覧いただきありがとうございました。