春新歓ブログリレー#12

こんにちは。映画研究会二年のますやまです。とうとう映画研究会が何たるかをあまり知らないまま新歓ブログを書くことになってしまいました。初めに新一年生へのメッセージですが正直僕がメッセージほしいくらいです。歓迎されたいのは僕もなんすよ。だからもし入部して顔を合わせることがあったら僕も一年生的なポジションにいさせてください。

今年度の一年生はオンライン授業なんですかね。僕は今年も全部オンラインです。ちくしょう。もし対面授業があれば適当に隣にいる人に話しかけてみましょう。大丈夫です「出身地トーク」「部活サークルどうしようトーク」をしとけば勝手に盛り上がります。多分。その時に「映画研究会入ろうと思ってんだよね~一緒にどう?」とか言っといてください。
友達作れるか心配でなかなか行動できない一年生はぜひ僕と仲良くしましょう。でも二年生だからと言って僕がご飯を奢ると思ったら大間違いです。
続いておすすめの映画ですね。皆さん「任侠映画」って見ますか?怖い見た目のお兄さんたちが「なんだこの野郎馬鹿野郎」とか言い合ってバトる大変愉快な映画です。今回はその中から『闇金の帝王』という作品を紹介します。

51J-tx7OfuL._AC_SY445_
この作品は原作者の実体験をもとに彼の半生を描いていて、ただただ殴り合い銃をバンバンするわけでなく、「裏社会のビジネス」が大きなテーマです。
「闇金業界の実態をリアルに描いた金融犯罪ドラマ。闇金業を営むため歌舞伎町に降り立ったひとりの男・南無玄之介は、路上で出会った男・クロと共に商売を始める。しかし、かつての商売仇である河本との駆け引きがヤクザ組織を巻き込んだ戦争に発展し…。」というあらすじらしいです。アマゾンのコピペです。
主人公の南無玄之介を演じるのは任侠映画お馴染みの小沢仁志さんです。見てくださいよこの迫力。「リアルな闇金業界」というテーマも経済学部の学生必見の内容ですね。
さっきからずっと文がフワフワしてたりコピペしてたりする理由なんですが、僕この映画見たことないんですよね。というかヤクザ映画見たことないです。じゃあなんでここで紹介しているのか。実はこの映画の原作を書いたの僕の父親なんです。あ、待って、宣伝ではないです。かなり昔の映画ですし。問題はそこではないんです。初めにこの映画について「この作品は原作者の実体験をもとに彼の半生を描いていて、」と書きましたよね。つまりこの映画は僕の父親の半生をそのまま描いていることになります。
となると僕の父親は…。どうすか?少し気になりませんか?気になる方はぜひ映画研究会に入って(強引)、一緒にこの映画を見ましょう。どうやらアマプラで見れるらしいので今なら息子である僕の副音声つきで楽しめますよ。
みなさんの入部お待ちしてます!すいませんでした!

春新歓ブログリレー#11


みなさんこんばんは。3年目の岡崎です。

やっと桜が咲いてきてるなーなんて思ってたのに今日は霰が降っていたのでびっくりです。

自粛期間が続き、最近は気温差も激しいのでお家でゆっくりできる趣味や時間をかけてやるものを始めてみてはいかがでしょうか。私は最近始めた編み物をしながらNetflix垂れ流してます。

編み物中でも気軽に見れるコメディ映画を一つご紹介したいと思います!

それは「鍵泥棒のメソッド」です。

売れない役者、桜井は、銭湯で出会った羽振りのよい男、近藤が転倒して記憶を失ってしまっている隙に出来心で自分と近藤の荷物をすり替え、そのまま近藤になりすます。

しかし、近藤は伝説の殺し屋で、桜井は恐ろしい殺しの依頼を代わりに引き受けなくてはならなくなる。一方、自分が売れない貧乏役者だと思い込んでいる近藤は、役者として成功するため真面目に働き始める。全く違う2人の人生が入れ替わってしまうコメディです!

会話のテンポが良くてサクサク見ることができます。気になった人は見てみてください〜

そしてぜひ映画研究会に入って沢山撮影しましょう!

春新歓ブログリレー#10

どうも皆さんいかがお過ごしでしょうか。3年生の片桐です。そろそろ桜が咲くころですね!~なんて思っていたのですがどうやら昨日22日には開花したそうです。構内にも咲くのでいいものが見れるかも?

では映画紹介していきます。amazon primeで発掘した『裏切りのサーカス』。舞台は冷戦期のロンドン、英国情報局秘密情報部「サーカス」。一度サーカスを辞した主人公は組織の最高幹部の中にいる裏切り者を炙り出すという困難な任務につく。

スパイ映画です。ただ、ドンパチやってヘリコプターが爆発したりはありません。印象としては複雑、難解、硬派、重厚、です。僕は2回見ましたがまだ完全にはわかりません!ですがその分楽しめます。スルメ。俳優陣も豪華らしいのでイギリス俳優ファンにもおすすめ!雰囲気について言えば英国感とリアルなスパイっぽさがよいですね。どっしり構えて見てみるといい映画でしょうか。

こんなご時世でつらいですが、映画でも見つつがんばっていきましょう。

では今回はこれでさようならー

春新歓ブログリレー#9

こんにちは!3年目の田中です。

春休みが長く、色々とYouTubeに載っている動画や最近新しく加入したAmazonプライムでドラマやアニメを見ることにハマっていました。他にも、今年初めて劇場で「すばらしき世界」という映画を見ました。

まだ対面では活動できないですが、今こそ沢山映画やドラマなどを見て楽しんでいきましょう!ちなみに私は4月からのドラマを「ネメシス」「生きるとか死ぬとか父親とか」「着飾る恋には理由があって」」の3つを掛け持ちして見る予定です笑ドラマをたくさん見ていると充実度が上がる気がするんです!🌼

さて、私が春休みに鑑賞したものについて2つに絞って書いていきます。

最初は、打首獄門同好会というロックバンドのYouTubeチャンネルで公開されている番組、「10獄放送局」です。全49回というとても長い番組になっているのですが、番組のロケが北海道で行われることが多いのと、バンドがやる企画かどうか疑うような奇抜な内容に中毒性があります笑1番新しい動画では、ライブ(コロナ禍になってからの)にて換気をする時間に流す曲を面白おかしく制作するという内容になっています。是非この番組の緩い雰囲気にハマってみてください笑

「10獄放送局」リンク→https://youtu.be/jrrLBoPmVq8

次に2021年最初に劇場で鑑賞した映画「すばらしき世界」についてです。この映画の内容については大まかに言うと、元犯罪者が周りの人からの協力を得て更生していくというものです。割と重ための内容にはなっていますが、きれいな夜景のシーンや光がぼやけたようなシーンは神秘的で印象に残ります。私は自分の好きなアーティストが見に行ったという情報を得てそれで見に行ったのですが(単純笑)いい作品に巡りあえたな~と感じることができました!もう今では劇場で見られなくなっていますが、今後レンタルやサブスクリプションで見られるようになると思うので興味が湧いてきたという方は是非見てみて下さい!すばらしき世界

“映画“研究会ではありますが、ドラマやアニメ、MVなど色々な映像作品のジャンルが好きな人たちが集まっています。是非映画研究会に入って、一緒に楽しみましょう✨