新入生ブログリレー#1 Welcome to Hokkaido Univ movie production circle!!

こんにちは、経済学部2年の相原です。今年もいよいよ秋新歓の季節がやってきました。

北大映研では毎年秋新歓を実施しており、昨年は10人ほどの新入部員が入りました。私たち北大映画研究会は、映画を作るサークルです。脚本、撮影、編集から役者まで全部自分たちでやっています。とは言っても、ほとんどの部員がこのサークルに入って初めて映画制作をした人達ばかりなので、心配することはありません。また、活動は基本個人のやる気次第、という感じで、兼部してる部員も沢山います。1年生だけでなく、何年生でも、留学生の方でも、他大の方でもウェルカムなので、ぜひ、まずは気軽に新歓に来て欲しいと思います。

さて、僕はこの夏休み、3週間半アメリカのポートランドというところに語学留学とホームステイに行ってきたので、そこで感じた日本との違いについて書いていこうと思います。

とは言っても、車が右側通行で左ハンドルだったり、服や飲み物のサイズがでかくて日本のMがアメリカではSだったり、トイレにウォシュレットが無くて個室の下の部分が空いてて、中で座ってる人の膝くらいまで見えたり(ひどい所では上から覗けてしまう)、レストランでおしぼりが無かったり、家に箱ティッシュがなかったり、土足で家の中歩いたり、風呂がシャワーだけだったり、まあ本当に色々あります。

ただ国民性として大きく違うのは、米国人はめちゃくちゃ時間にルーズです。というか、日本人が時間に縛られすぎているのかもしれません。少し授業に遅れたりしたくらいでは何も言われませんし、僕のホストマザーは、どこかに出かけてLINEで(外国の人はLINEはほとんど使わないが、僕のホストファミリーは日本人を今まで多く受け入れていたので日本人のためにLINEをやっていた)「8時半までに家に戻る」みたいな事を送ってきたのに帰ってきたのは10時半でした。確かに時間を守るのは日本人のいいところですが、そこまで厳しくなくても、、、と思います。

そしてアメリカは車社会なので、家に2台以上は車があります。仕事は車で行く人が多いので、日本のような通勤ラッシュというのもあまりないですし、皆大体夕方5時頃には家に帰ります。日本のように残業や飲み会というのはあまりなくて、休みも取りやすいようです。またこれも日本と違うのですが、男性でも普通に数ヶ月の育児休暇を取れるようです。それも、同僚の人達も「イイね!どこ旅行行くの?楽しんできてね!」みたいな感じで、好意的に受け入れられるようです。その代わりに実力主義なので、結果を出せないとクビという世界ではありますが、日本はまだまだ学歴社会だと思うので、このスタイルが広まって欲しいと思います。

あとは、本当ににアメリカは自由で、皆が自分の生きたいように生きています。日本人は、体裁というか、周りからどう見られているか、自分が集団の中でどのポジションにいるか、どういうキャラなのか、などを気にしすぎだなと思いました。こんな風に書くとアメリカはとても良い国のように思えますが、もちろんアメリカは治安が悪く、ホームレスも沢山います。アメリカのホームレスは話しかけてきてお金をせびってきます。また、マリファナ合法なので街中に薬物中毒者みたいなやばい人もたまにいるので、怖い部分もありました。ですが、少しでも留学に興味ある人は、大学生のうちに、是非体験してみて欲しいなと思います。本当に世界が広がります。

それでは、長くなりましたが最後に映画の紹介をします!!

紹介するのは、アメリカに向かうデルタ航空の機内で見た「あの頃、君を追いかけた」という映画です。山田裕貴主演、ヒロインを齋藤飛鳥が演じている、台湾映画が原作の青春映画です。山田裕貴といえば、朝ドラ「なつぞら」で天陽くん役を好演してましたね。最近、マンガ原作の色んな学園物の恋愛映画がありますが、この映画はそれらとは一線を画した、本当に良い青春映画だと思います。そして齋藤飛鳥と松本穂香がめちゃくちゃ可愛いです。高校時代を思い出して泣けます。是非見てください。

それでは、新歓でお待ちしております!!

P.S.  アメリカにもタピオカ屋がありましたが、そんなに行列は出来てませんでした。ちなみに英語でタピオカミルクティーはbubble teaと言います。

新入生ブログリレー#0 ようやく始まります

北大祭がいよいよ明日に迫り、初夏の緑が美しい季節となって参りましたが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。始めに断っておきますが、このブログは明日より始まる新入生ブログリレーの見本として書いたものであり、僕は新入生ではありません。あらかじめご了承ください。それでは、新入生という体で、一年前を思い出して書いていきたいと思います。

初めまして、経済学部2年の相原といいます。札幌出身です。ちなみに、生まれた病院はすぐそこの天使病院です。この話をとある友人にしたら、「天使大学行けよ」と言われました。映研に入った理由は、高校時代、放送局で短いテレビドラマなどを作っていた経験があり、大学でも映像制作をやりたいなと思ったからです。

映研では、将来的には脚本を書いて、監督をやりたいなとぼんやり思っています。また、映画にとても詳しい人が多いので、自分も負けないようにたくさん映画を見ていきたいと思います。好きな映画は、洋画ならスターウォーズ、邦画なら百円の恋か三谷幸喜作品です。基礎クラスの自己紹介でスターウォーズ好きと言っていた人がいて、彼と仲良くなり、一緒に映研に入ったのですが(現会計の松井)、彼はプラモデルや昔のDVDなども持っていてとても詳しいので脱帽です。エピソード8に対してはいろいろな意見があると思うので、是非映研のいろんな人と議論してみたいです。

それではここで、一つ映画の紹介をしたいと思います(ここからは今の僕の話です)。先日、ディノスシネマズ札幌劇場という、札幌の歴史ある映画館が閉館となってしまい、その記念上映で再上映していた「勝手にふるえてろ」という映画を見てきました。これは2年前の作品で、主演は松岡茉優で、他には石橋杏奈とか北村匠海などが出ています。石橋杏奈は楽天イーグルスの守護神、松井祐樹と結婚して話題になりましたね。有名人でよくある姉さん女房ですよ(うらやましい)。で、映画の内容はというと、【恋愛経験のない主人公のOL、ヨシカが2つの恋に悩み暴走する様を描くコメディ。突然告白してきた同期「ニ」と中学時代から脳内片思いを引きずる「イチ」との間で揺れ動き、、、(映画.comより)】みたいな感じなんですが、一言で《ラブコメ》と片づけられるものではなく、とにかく展開が物凄くて、二時間無駄なシーンが1秒もなく、抜群に面白い。もちろんコメディではあるので笑えるシーンは多いです。一部のマニアにしかわからないネタもあります。笑いのセンスがとても良いです。「恋愛映画」というより「ヨシカという一人の妄想癖があって絶滅した動物が好きな一見普通だけどちょっと変わったOLのある意味壮絶な物語」としか呼称できません。そしてなにより松岡茉優が天才です。可愛いことは言うまでもないですが、演技が天才的に上手い。一本の映画の中で、一人の女優がこんなにもありとあらゆる感情を表現しきった映画があったでしょうか。とにかく面白いです。AmazonPrimeにあるので見たことない人はぜひ見てほしいです。とりあえず予告編見てください。

あともう1作、同じくディノスの記念上映で「はじまりのうた」っていう洋画も見たんですけど、これのラストシーンが本当に素晴らしかったですね。シングストリートと同じ監督の音楽映画で、まあAmazonprimeにもあるのでぜひ見てほしいんですけど、とにかくラストシーンが綺麗すぎて、画で伝えるってこういうことなんだなって改めて実感しましたね。まあそもそも映画って映像が一番大切で、説明的なセリフを極力排除して、映像で伝えなきゃなんないんですよね。まあ具体的に言うと、「彼はもう私の事なんて考えてないのね、ああとても悲しくて暗い気持ちだわ。」みたいに心情をいちいちセリフで言ったら変じゃないですか。でも脚本書いてるとやっぱりなかなか難しくて、ついセリフに頼りたくなっちゃうんですけど、はじまりのうたのラストは本当に完璧でしたね。無駄なセリフが一切なくて全てがわかる、そして画もむちゃくちゃ綺麗。やっぱ良い映画って画がいいんだなぁ、としみじみ思いましたね。これも予告編のリンク上げときます。

 では、本当はもっと書きたかったのですが時間がないのでここらへんで終わります。明日からの新入生ブログリレーお楽しみに!!

春新歓ブログリレー#1 え〜映画観るのは好きだけど、作るのはちょっと、、、

とお思いの貴方も、間違ってタップして開いちゃったという貴方も、そんなに長くないのでベージを閉じないで、どうか最後まで読んでください!!!!

改めまして、経済学部新2年のあいあいこと相原と申します。

私たちは「北大映画研究会(北大映研)」という北大公認のサークルです。北大にはいくつか映画サークルがあるようですが、公認はここだけです。ですが公認とはいっても、活動は個人のやる気次第、という感じで楽しくゆるくやっております!

部員数は約40名で、兼部してる人や他大学の人も沢山います!

あ、ちなみに、【えいけん】と聞くと【英検】を連想する人が多いですが英語サークルではありません。周りで勘違いしてる人がいたら優しく教えてあげてください。

 

じゃあ映画の研究って何???

私たちの活動は、自分たちで映画(長さは5分から30分くらいが多い)を作ったり、みんなで映画を観たりすることです!!また、参加は自由ですが春のジンパ、夏の合宿などの行事がある他、部員同士で映画に限らず色んな事をして楽しんでいます。

先日部員数人とドライブに行った洞爺湖

先日部員数人とドライブに行った洞爺湖

え、映画なんて作ったことない、難しそう〜〜

部員は大学から映画制作を始めた人が多いから心配いりません!!あ、もちろん高校の放送局などで映像制作の経験がある人は大歓迎!!役者だけやりたい!という人も大大歓迎!!

確かに映画は好きだけど、作るなんて興味無いなぁ〜

と最初は思うかもしれませんが、作る側に立ってみると、映画の裏側が分かったり、映画を見る視点が変わったりしてとても面白いんですよ!!まぁ百聞は一見にしかず、ってことで、4/14.21.28(いずれも日曜)に撮影体験会があるので、「興味あります!」とかってTwitterのDMでも送ってください!

そしてなんと言っても北大映研には、、、あらゆるタイプの映画好きがいます!(映画に興味ない人も笑)

邦画、洋画、アニメ、新旧問わずいろんなタイプの映画が好きな人がいるので、きっとあなたと同じ趣味の人に出会えるはずです!!

へぇ〜よく分からないけどなんだか映研って面白そう〜

と、ここまで読んだあなたはお思いですよね!そんなあなたはぜひ4/12、19、26(いずれも金曜)の上映会にお越しください!美味しいご飯のお店を予約してお待ちしております!!知りたいことは気軽にTwitterのDMで聞いてください!

 

最後に、【新入生へのワンポイントアドバイス!】

「とにかく色んなサークルの新歓に行きまくれ!!」

ここまで読んでくれたあなたならもちろん映研の新歓には来てくれることでしょう。でも、他に少しでも気になるサークルがあったら実際に新歓に行ってみて、結構気になるところだったら何回も行って、そのサークルの雰囲気をつかみましょう。高校と違って毎日一緒に過ごすクラスはないので、サークルは大学生活においてとても大きなものです。ノリや空気感が合うサークルを見つけることが一番大切なことだと思います。

では、これから約2ヶ月に渡って春新歓ブログリレーが続いていきます!北大映研が誇る多彩な部員がその文才を発揮しますので、どうぞお楽しみに!!

新歓じゃないけどブログリレー開始!!

こんばんは。この度、北大映研の広報部長(?)に就任致しました、1年目のあいあいこと相原です。

この度、新歓期しか稼働していなかったこのブログを普段から動かそうではないか!ということで、毎週部員がブログリレーをしていくことになりました。次に書く人を指名していく、というスタイルで、書く内容は映画の事でなくともなんでも良いとしています。

ということで、何を書こうか迷っていたので、今まさに見ているドラマの話でもしようかと思います。それは何かというと、「初めて恋をした日に読む話」という、深田恭子が主演のドラマであります。しかし驚いたのは、なんと深キョンは36歳だということです!もうアラフォーですよ。こんなに可愛い36歳は世の中に存在しないんじゃないでしょうか。しばらく深キョンにハマりそうです。

ちなみに、ここ最近は映研内で、TBSの宇垣美里アナとテレ朝の弘中綾香アナの人気が高いように感じます。現部長の大村さんもこの2人を推してます。なんと前部長の三浦さんも弘中アナが好きみたいです。2人とも本当に可愛いですよね。

ということで、こんな感じでゆるくブログリレー続けていければと思います。次は、広報副部長(?)の1年目岡田君に回します!

秋新歓ブログリレー#6『獣になりたい私たち』

初めまして、映研1年目、経済1年のあいあいこと相原です!札幌出身です!是非最後まで読んで頂けると嬉しいです。

まず始めに、映研は強制行事とか、コールのかかる激しい飲み会とか、一発芸やれ!とか全くないし、兼部も容易なのでその点はまず安心してください(その分幽霊部員もいることは置いといて)。大学って面倒なサークル多いですからね、皆さん良いサークルに出会えました、おめでとうございます。

「映画研究会」と聞くとなんだかオタクが集まってガチで映画作ってるサークルみたいに聞こえますけど、実際は、映画が好きな人(と言っても好きな映画の種類は人それぞれ)や、特に映画に興味が無い人も、都合の合う時に集まってゆったり映画を作ったり、見に行ったりしてるサークルであります。

さて、皆さんの中には、映画を見るのは好きだけど作るのはちょっと…..みたいな人がいるかもしれませんので、映画作りの面白さをお伝えしたいと思います。それはズバリ、映画やドラマはフィクションの世界、つまり、現実では叶わない妄想を現実にできる、これが一番面白いところだと思うんです。そして、映画ってこうやって作ってるんだ~って分かったりして、映画を見る視点が変わることもとても面白いんですよね。

そもそも僕は、高校時代になんとなく入った放送局で思いがけず短いドラマを作ることになり、それが案外面白く、この映研にも入ったのです。

皆さんも、このブログに出会ったのも何かの縁、1度入部して体験してみてほしいってことです!!

長くなりましたが本題に移ります。僕が選んだ人生ベストの映画は、「インセプション」です。レオナルドディカプリオと渡辺謙の共演で有名なやつです。他人の夢の中に潜入して記憶を書き換えていくというアクション映画なんですけど、夢の中の夢、夢の中の夢の中の夢、というように深い夢に潜入していくという設定が上手く使われた、すごいストーリーになってます。めちゃんこ面白いので是非!!

最後までご覧いただいた方、是非来週月曜の上映会、木曜の映画館に行こう企画にお越し下さい!!待ってます!!(夏休みにSPECシリーズイッキ見しました。SPEC語り合いましょう。)

それでは、ここ最近、脚本を書いて自分の映画を撮りたいなぁ、いつかはテレビ局でドラマ制作に携わりたいなぁ~~…なんて思ったりする、相原のブログでした(本当は映画よりドラマが好き、けもなれ面白かった)。