北海道大学映画研究会の外部活動!

 こんばんは!早朝から北大映研会2年山城が御送りします。僕の最近の悩みは映画を全部見ることができないことです。絶対開始30分くらいで寝てしまいます。なぜでしょうか?全く分かりません。僕は潜在意識下で映画を退屈だと思っているのかもしれません笑。そんな僕のことは置いといて…今回は北大映画研究会の外部活動について紹介します!北海道大学映画研究会は何も自主映画だけを撮っているわけではありません!時に企業などから依頼を受けてプロモーションビデオ略してPVを摂ることもあるのです!これからこの1年の間にあった北大映研が携わったお仕事について紹介します。

 

北海道専属応援団「撫子団」のPV作成

 皆さんは知っていますか?撫子と書いてぶしと読む。撫子団、彼女たち4人組は実は彗星のごとく北海道に現れたアイドルなのだ!彼女たちは北海道を活性化するために日夜活動しています。PVを作成した際、僕も彼女たちにあったのですが何せ若い!最高年齢が16歳というから驚きです。これからの彼女たちの活躍に期待しています。それでは撫子団のPV(北の戦国から~撫子の野望編~)をどうぞ! 実は僕も出ているのだ笑

 

自殺者防止啓発動画の作成

みなさんはゲートキーパーを知っていますか?ゲートキーパーとは自殺をほのめかすサインに気づき適切に対応できる、すなわち「命の番人」のことです。もしかしたらあなたの身の回りの人も何かしらの悩みを抱えているかもしれません。そういった人に気づき、話を聞いてあげる、そういったアクションを起こすことで身近な人を自殺から救うことができるかもしれません。この動画は北大映研出身の映画監督、早川歩さん監修のもと東海大学デザイン文化学科の学生を中心として北海道大学映画研究会、藤女子大学映画研究会、北星学園大学の有志の学生で作成しました。若年層向けの動画ということで企画、撮影も大学生で行われています。この動画を見た人が少しでも自殺に関心を持ち、自らもゲートキーパーになりえるといった自覚を持ってくれたら幸いです。長文失礼しました。それでは動画をどうぞ!

 

家庭教師のファミリー新卒採用PV

 少子化で厳しい教育業界の中、個別学習支援授業を中心として全国展開し続ける会社がある。そう家庭教師のファミリーである。それは2015年某月某日、ある一通のメールから始まった。我々北大映画研究会に「新卒採用のため会社のPVを作成してくれませんか?」と依頼が来たのである。そうして完成したのがこのPVである。北海道大学映画研究会と家庭教師のファミリーコラボ企画、心行くまでご覧ください。それではどうぞ!

 

 

このように北海道大学映画研究会は自主映画を作成するだけでなく、様々な形で映像制作と関わっています!このブログを見た新入生諸君、君たちも北大映研に入って一緒に映像制作をしてみませんか?

 

 

追伸:今年の春新歓では新入生向けに撮影体験会を行います。実際に北大映研の撮影風景を見学、そして体験できるのでぜひお越しください!4月17、24、30日を予定しています。後日ブログ、twitterに詳細を記載するのでチェックを忘れずに!それでは春新歓でお会いしましょう!では。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です