秋新歓ブログリレー#4『ソビエトロシアでは、映研があなたに入る!』

北海道大学映画研究会所属、文学部1年の神田です。ブログを担当するのは初めてですし、他の方々のように中身のあることも書けないので、どうぞ気楽に読んでください。

5日の上映会ではたくさんの方に来てくださりましたが、11日木曜日にも上映会があります。前回来た人も、来れなかった人もぜひ参加してみてください。高校までと違い、大学では特定の人と長い期間接することが少ないので、人間関係が希薄になりがちですが、こういったコミュニティに属することは大学生活を豊かなものにしてくれるのではないでしょうか。幸い、映研は映画が好きな人が多いので共通の話題を見つけやすいと思います。

有り難いことに「人生ベストの映画」というテーマが設定されているのでその話を。私のベストの映画は「ロード・オブ・ザ・リング」三部作です。理由も私がこういった正統派のファンタジー作品が好きだからという単純なものですが、これと前日譚である「ホビット」三部作以外で好きなファンタジー映画は思いつきません。というのも私はファンタジー作品でも特に、その世界の歴史のような設定面に注目することが多いのですが、映画だと大体90~180分の間に物語を進めなければならないため、設定面を語るのにあまり時間が割かれず、小説のほうが、物語を進めながらその世界について説明できるため好みだからです(ドラゴンランス戦記知ってる人いませんか)。「ロード・オブ・ザ・リング」の原作である「指輪物語」はいきなりホビットの生活や文化の説明から始まります。ここで挫折する人も多いと聞きますが、私は普通に読めました。また、本編の後に世界の歴史や文化について説明する「追補編」というものが1冊あり、これがなかなか私好みです。映画の方に話を戻すと、1作目「旅の仲間」の冒頭で指輪について語られるシーンが大好きです。中つ国の歴史と壮大な物語の始まりを感じさせるものになっています。人間とエルフの同盟軍とサウロンの軍勢との合戦シーンに引き込まれた人は多いのではないでしょうか。また、本編のセリフにも「ヌメノール」「エオル」といった単語(追補編とか読めば解ります)が出てきたり、服装や建物から独自の文化をうかがうことができ、映画だけでも中つ国の設定の作りこみを感じられます。ここでは割愛しますが物語面も素晴らしいので1本3時間ある三部作(スペシャルエクステンデッドエディションはもっと長い)でも退屈することなく観ることができるので、未見の方はぜひ。

 

 

 

秋新歓ブログリレー#3『読み飛ばして結構です』

楽しい夏休みが終わり、秋も深まってまいりました。早いもので10月ですが、皆さんいかがお過ごしですか。一応映研2年目の市戸です。
突然ですが、皆さんのご趣味は何ですか。当サークルに所属している、または入部を検討しているくらいなので、映画鑑賞を趣味とする方は多いと思います。他にもお菓子作りとか登山が好きな方もいらっしゃるでしょう。しかし趣味というのは改めて尋ねられると回答に困るものです。特に社交辞令の一環として”休みの日って何してるの?”なんて聞かれた時に、簡潔に説明できる方は少ないのではないでしょうか。
私は何個か趣味を持っていますが、中でもひときわ他人に説明しづらいものがあります。世界地図を眺めることです。旅行先の品定めとかではなく、単純に地形やら地名に目を通すだけです。やっぱり説明しづらいのですが、たとえばここの国の海岸線は好みだなとかなんかそんなんです。自分でも何が楽しいのかよくわかりません。先週バイト先の店長に先に述べた質問をされた時、無難にゴロゴロしてゲームしてます〜とか言うとけばいいものを、ド正直に地図見てます!と答えてしまったので、あれこれ説明する流れになってしまいました。すべて話し終えた時2秒ほどの沈黙が生まれましたが、これは話を広げた人が悪いと思います。
この趣味が始まったのは中二くらいからで、その時から高校卒業くらいまでは、本当に所構わず地図帳を開きまくっていました。当然周りからは”地図の人”みたいな認識を受け、地理の先生だけはなんて真面目な子なんだろうと好意的に解釈してくれました。そんなこんなで地図ばかり見ていたので成績も芳しくなく、高校卒業後は楽しいフリーター生活に突入しましたが、さすがに地図見てる場合じゃないなと思って勉強をやり始めてあれがそうして今に至ります。
趣味を貫き続けるのは難しいです。多くの人は就職と同時に趣味に割く時間がグンと減り、そのまま遠ざかったりします。就職しなくても、勉強の為にあえて封印したり、ライバルの出現でやる気を失ったりして何かしらやめる決断をした方は多いのではないでしょうか。
そういうのを色々考えると、大学生、特に研究室に所属する前の期間というのは、趣味に時間を使うにはうってつけかと思います。基本的に土日に突然大学に呼び出されることも無いでしょうし、ある程度まとまった時間バイトもできるので自由なお金が手に入りやすいです。今のうちという言い方もなんですが、これから映研に入ろうか迷っている方は、上記のような事も考えつつ10月12日(金)、19日(金)の例会にやってきて元気よく入部する旨をお伝えください。
本当は男子トイレに誤って突入した話とか、エ◯バの勧誘を受けた際に”字読めないのでわからないです”と言って切り抜けた話をしようと思ったのですが、どう考えても宣伝につながらないのでやめました。この記事は本来なら昨日投稿されるべきでしたが、私がアンポンタンなので9日の午前6:30に執筆しています。そろそろ家を出ないと遅刻するので締めくくらせていただきます。
追伸:部費滞納してすみませんでした。