「コンゴ」レビュー(池田)

かなりネタバレ

コンゴ(原題:Congo)

 

 

予告編

1995年アメリカ

監督:フランク・マーシャル

脚本:ジョン・パトリック・シャンリー

原作:マイケル・クライトン

製作:キャスリーン・ケネディ、サム・マーサー

音楽:ジェリー・ゴールドスミス

撮影:アレン・ダヴィオー

出演:ローラ・リニー、ディラン・ウォルシュ、アーニー・ハドソン、ティム・カリー、グラント・ヘスロフ、ジョー・ドン・ベイカー、メアリー・エレン・トレイナー他

あらすじ

アフリカのコンゴに派遣された通信会社トラビコムの調査隊が消息を絶ち、社員カレン(リニー)が現地へ向かうことになる。ゴリラのエイミーを故郷へ帰そうとする学者ピーター(ウォルシュ)、慈善家ホモルカ(カリー)も同行して目的地のムケンコ山を目指すが、それは想像を超える危険な旅だった。

 

レビュー

予告編やDVDジャケットの裏を見て面白そうなアドベンチャー大作だと思ったが違った。全体的に漂うB級感。冒頭にブルース・キャンベルが出るが早々と退場してしまう。

 

ゴリラのエイミーは手話を取得しており、手話と連動して合成音声を発する機械で人間と会話ができるのだが、この設定がストーリーに全然関係ない。

 

政治情勢が不安定なため空港で銃撃戦、病院で尋問、国境侵犯で飛行機が攻撃されパラシュートで脱出など突飛なトラブルが続出。途中のタンザニアの場面はキリンやシマウマが出てきて「野生の王国」が感じられて一瞬和む。コンゴに入ってからはヒルに噛まれたりカバに襲われたりする。

 

目的地にはダイヤが眠る古代都市があるのだが、ここを守るのが人間をちぎって殴り殺す凶暴な白ゴリラ(ヒマラヤのイエティのよう)。死霊と闘ったブルース・キャンベルもこいつらには敵わなかった。クライマックスは探検隊とゴリラの攻防だが、土壇場でヒロインがあるものを利用してゴリラを大量虐殺。これにはドン引きした。火山も噴火して残りのゴリラは溶岩に落下。人間を撲殺しまくったゴリラが可哀想に思えた。

 

脱出後のヒロインの行動は、いくら社長の態度がアレとはいえ、感情的じゃないのか。

つまらなくはない。でも、動物もの、冒険もののジャンルだと『ジュラシック・パーク』や『ハムナプトラ』の方が好き

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です