「処刑教室」レビュー(池田)

処刑教室(原題:Class of 1984)

 

 

予告編

1982年カナダ

監督:マーク・L・レスター

脚本:トム・ホランド

製作:アーサー・ケント

音楽:ラロ・シフリン

撮影:アルバート・J・ダンク

出演:ペリー・キング、メリー・リン・ロス、ティモシー・ヴァン・パタン、ロディ・マクドウォール、ステファン・アーングリム、キース・ナイト、アル・ワックスマン他

あらすじ

暴力校で有名なエイブラハム・リンカーン高校に音楽教師として転任してきたノリス(キング)。持ち物検査は毎日、教師が銃で護身するなどあまりの荒れ様に愕然。札付きのワルのステッグマン(パタン)のグループに目をつけられる。校長や警察は「証拠が無い」と嫌がらせ行為を黙認。自分の大切な存在にまで被害が及び、ノリスは反撃を余儀なくされる。

 

 

レビュー

監督はシュワルツェネッガー主演『コマンドー』(1985)のマーク・L・レスター。

「教師vs不良」の作品だと次のような展開がお決まりではないだろうか。最初は対立するが、話が進むにつれて意外といい奴、情に厚く仲間思いという面が見えて最後は感動的に終わる。イケメン俳優やアイドルを起用するのが定番。

しかし本作にそんな展開は無い。出てくる不良生徒は武器を所持し、授業妨害、校内暴力、麻薬売買を行い、カッコよさや男らしさは皆無。警備員は教師よりも生徒の言うことを信じ、校長は事なかれ主義、刑事も証拠が無いからと立件できない。家庭訪問の場面では息子の言うことすることをすべて肯定する親が出てきて、イライラする。

こんな学校だが、学業や課外活動に打ち込む真面目な生徒もいる。その一人を演じるのが『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズの主人公役のマイケル・J・フォックス。おかっぱ頭でぽっちゃりしている。『バック~』のイメージと違う。

 

主人公の同僚で、理科室の動物を殺された生物教師が銃で不良生徒を従わせる場面は、今の時代では作れないだろう。生徒は野放しで教師だけに責任を問われるのが、見ていて胸が痛い。

 

嫌がらせや暴言に我慢できなくなった主人公は徐々に反撃。「証拠があるのか?」と自分が言われてきた言葉を相手に返すのが爽快。大人げないとも思うが。最後は主人公vs不良グループの対決。あんなことをされたらいくら生徒でもさすがにキレる。邦題の通り生徒を「処刑」していく。ラストのテロップは伏線が効いている。

主役を演じたキングが災害パニック『デイ・アフター・トゥモロー』(2004)に大統領役で出演していたのが驚き。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です