「ロジャー・ラビット」レビュー(池田)

ロジャー・ラビット(原題:Who Framed Roger Rabbit)

 

 

予告編

1988年アメリカ

監督:ロバート・ゼメキス

脚本:ジェフリー・プライス、ピーター・S・シーマン

原作:ゲイリー・K・ウルフ

製作:フランク・マーシャル、ロバート・ワッツ

製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ、キャスリーン・ケネディ

音楽:アラン・シルヴェストリ

撮影:ディーン・カンディ

出演:ボブ・ホスキンス、クリストファー・ロイド、ジョアンナ・キャシディ、チャールズ・フライシャー、スタッビー・ケイ、アラン・ティルヴァーン、リチャード・ルパーメンティア他

あらすじ

舞台はトゥーン(アニメキャラ)が現実世界に存在する、1947年のハリウッド。人気スターのロジャー・ラビット(声:フライシャー)は妻ジェシカが浮気しているという噂のせいでスランプ気味。探偵エディ(ホスキンス)に調査を依頼するも、浮気相手が殺され、ロジャーに容疑がかかってしまう。二人は協力して潔白を証明しようとするが、この事件には大きな陰謀がからんでいた。

 

 

レビュー

実写とアニメーションの合成作品。レベルの高さから視覚効果・編集・音響効果の3つの部門でアカデミー賞を受賞した。アメリカを代表するアニメキャラクターが総出演。

ディズニーからミッキー、ミニー、ドナルド、ピノキオ、ダンボ

メトロ・ゴールドウィン・メイヤーからドルーピー

ワーナーからバッグス・バニー、トゥイーティー、シルベスター、ダフィー・ダック

パラマウントからベティ・ブープ

ユニバーサルからウッディー・ウッドペッカー

など、豪華な面々が並ぶ。マニアでないとわからないマイナーなキャラ(ヒヤシンス・ヒッポ、ブレア・ベア、トード氏など)も登場。本作オリジナルのキャラも個性的。彼らが人間とコミカルでスラップスティックなストーリーを巻き起こす。アメリカのアニメが好きなら楽しめる。

 

 

豆知識

・スピルバーグはポパイ、トムとジェリーも出演させたかったが許可が下りなかった

・東京ディズニーランドに本作がテーマのアトラクション『ロジャーラビットのカートゥーンスピン』がある

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です