「激突!」レビュー(池田)

激突!(原題:Duel)

 

 

予告編

1971年アメリカ

監督:スティーヴン・スピルバーグ

脚本、原作:リチャード・マシスン

製作:ジョージ・エクスタイン

音楽:ビリー・ゴールデンバーグ

撮影:ジャック・A・マータ

出演:デニス・ウィーヴァー、ジャクリーン・スコット、エディ・ファイアストーン、ルー・フリッツェル、ジーン・ダイナースキー、ルシール・ベンソン、キャリー・ロフティン他

あらすじ

荒涼な風景が広がるハイウェイ。セールスマンのデヴィッド(ウィーヴァー)はノロノロ運転の大型タンクローリーを追い越した。その直後、運転手(ロフティン)は執拗に嫌がらせ行為を行うようになり、やがてデヴィッドの命を脅かし始める。

 

 

レビュー

リチャード・マシスンの短編小説を映像化。スピルバーグが24歳頃に監督したテレビ映画で、彼の監督デビュー作ともいえる。(4年後に『ジョーズ』で一躍有名に)

タンクローリーに追われるだけのシンプルなストーリーなのに非常にスリリング。ガソリンスタンドやレストランまで着いて来たり、いつのまにか先回りしていたりする。一番のポイントは終始運転手の顔が見えないことである(腕と履いているブーツしか映らない)。これにより、タンクローリー自体が意志を持って追ってくるように思える。

 

 

下手なホラーよりも怖い。

豆知識

・主人公が助けを求めるために使用した電話ボックスのガラスにスピルバーグが映ってしまっている

・タンクローリーのタイヤはブリヂストン製

・映画では運転手の顔が分からないが、小説では主人公が顔を見ており、名前はケラー

・映画では主人公は休憩所のレストランでサンドイッチと頭痛薬を注文するが、小説ではビールを注文する。飲酒運転である

「激突!」レビュー(池田)” への1件のコメント

  1.  「激突!」におけるトラックは怪獣そのものなんですよね。
    だから運転手は顔が見えないし、エンジン音が怪獣の叫び声みたいになってる。
    トラック側に感情移入する余地が一切ない。見る側は主人公のデニス・ウィーヴァーと一緒にトラックを怖がれる。後の「ジョーズ」、「ジュラシック・パーク」に繋がる物語的サスペンスと目に見える恐怖の融合の素地も見える。
     スピルバーグの特に、初期のテーマである「子供から大人への脱皮」だとか「自分の居場所探し」という側面は、「激突!」にはまだ見られない。怪獣対一人のサラリーマンという対決が面白い。考えてみると、スピルバーグはあまりカーアクションをやらないように思う。大体は車に乗ってても外に出されてしまう。
     まあ、なんにせよ「激突!」はスピルバーグのデビュー作に相応しい良く出来た
    作品です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です