春新歓ブログリレー #9 一瞬で読めるので、すぐわかる。

 

 

 

 

映画の知られざる魅力について

 

 

 

 

それはここに書ききれない、

否、それはここに記されない、

尚否、それはここにあってはならない。

 

 

 

 

以上。

 

 

 

 

サークルについて

 

 

 

 

何もアドバイスできない。自ら確かめよ。

そこに映画に関わっている者がいることは、確かだ。

 

 

 

 

創作について

 

 

 

 

知られざる魅力を知ることは、できる。

さすれば知られざる魅力を表現することは、できる。

我々ができるのは、そこまでである。

 

 

 

 

この記事について

 

 

 

 

これは、当サークルの一部員の個人的言明にすぎない。

質問などがあれば、当サークルのメールアドレスまで。

書いた本人(近頃はLogicとサイコパスに関心がある)は、

これよりもっと親しみやすいかもしれない。

 

 

 

 

最後に

 

 

 

 

Twitterの広告のために好きな映画の写真でも貼っておく。

 

 

 

 

Screenshot from 2018-03-24 17-44-28

 

 

 

 

 

笹木

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です