春新歓ブログリレー⑳「むかしばなし」

立浪です。追いコンや新歓準備その他でバタバタしておりブログリレーが滞ってしまい申し訳ないです。その代わり新歓の準備は部員のみんなが頑張っておりますのでご期待ください。新入生の皆さんを歓迎する気に溢れております。

さて、今回のぼくの記事ですが、もうネタ切れでございます(笑)。好きな映画の話をしても良いですが既に他の部員がしているのでそれは避けたい…。

ということでぼく個人の話をしようと思います。そういえば「人間誰でもひとつは物語ることができ、それは自分の人生の話だ。」とどこかの誰かが言っていたような気がします。

少し昔の話をします。
ぼくがいまこのサークルにいるのはやっぱり映画を撮りたかったからなんですが、なぜ映画を撮ろうかと思ったかというとそれは高校時代に遡ります。

高校のころぼくは(おそらく少なくないであろう)青年期特有の悩みに陥っていました。アイデンティティがどうとか社会がどうとかいうやつですね。あのころはとにかくアイデンティティの確立をしなければならない・自分が何者であるのか示さなければならないという観念に囚われておりました。そんな中でこの問題を解決する手段として行き当たったのが「創作」だったのです。(正直なんで創作なのかいまではあんまりわかりませんがスポーツとかでも良いのでは?)

そして創作の中でそれなりに興味のあった映画を選んだのです。

その後に高校の学校祭の機会に映画を創りました。手探り状態でもちろん演出や画作りなんてこれっぽちも知らない状態まま創ったものでしたが、その映像は学校祭で大賞を獲りました。いち高校内のイベント内での賞ですからなにも大したことはないかもしれませんがすごく嬉しかったし、なにより映像を全生徒の前で上映したときの生徒の感嘆の様子をすごく覚えています。
この経験があったので映画作りは自分にとってなんらかの価値のあることだと思っているのです。

これが僕が映画作りをすることになったきっかけです。
ぼくはそれから大学に入っても映画を創るサークルに入ってみて、こうして4年目に入ろうとしているところです。

如何でしたでしょうか?ぼくは書いていてすごく恥ずかしいっていうか、これを新入生が読んでも何も思わないような気がしますが…

まあそれはともかくこれが僕の物語の一部であり、いまもこのサークルに居るということは今の環境にそれなりに満足しているということです。そのあたりがなんとなく伝わればなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です