【春新歓ブログリレー】近況

皆さんこんにちは。番場です。

4月になってから一週間が経ち、とうとう授業が始まる時期になってきましたね。私も昨日、学科のガイダンスに行って参りました。楽しかった朝寝午後起き生活ももうすぐ終わりかと思うとまったく嫌な気分になってしまいます。

ガイダンスに行った後、最近行ってなかったゲオディノスへ向かい『イミテーション・ゲーム』を観ました。数学者チューリングの生涯を映画化した作品ですね。新川もブログで紹介してましたが、確かに面白かった。アウトサイダーがのたうちまわる映画はジャンル問わず大好きです。物理学者のホーキング博士を主人公にした『博士と彼女のセオリー』も最近観ましたが、あちらは聖人同士の睦み合い垂れ流しに思え、全くのめり込めませんでした。

以下、最近楽しみな映画の予告編。ネタ切れというわけです。

『セッション』ジャズドラマーと鬼教師の音楽スポ根ものでしょうか。サンダンス映画祭で大ウケだったそうな。

『インヒアレント・ヴァイス』PTAとホアキン・フェニックスの『ザ・マスター』コンビがトマス・ピンチョン原作の映画を作りました。大傑作、もしくは超珍作の予感。

『龍三と七人の子分たち』北野武監督作。久々です。タイトルフォントを最初に観た時は不安でしたが、予告編ではいつもの北野映画的画面が見られて安心しました。

『ブラックハット』漢、マイケル・マン最新作。うほほい。

とりあえず直近1ヶ月ではこんなもんでしょうか。

映研春新歓ブログリレーは今週の日曜でとりあえず終わりとなります。映研の雰囲気は伝わってるのでしょうか。伝わってるといいなあ。後一週間お楽しみ下さい。

番場巽己

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です