【新歓ブログリレー】撮影の話

こんばんは。ブログリレー月曜担当、部長の番場です。今日は私が監督する映画の撮影をしましたよ。

image

image

何やってるのか全然わかりませんね。現場で写真撮るのを忘れてました。普段の映研の撮影はこんな感じです。(過去の記事より)

DSCF8978image

撮影では部員がそれぞれ自分の仕事をするわけですが、カメラ・音声・照明等ハッキリ決まった仕事もありますし、荷物番や各種補佐に回る人も必要です。撮影規模によって必要な人数は変わってきます。少なすぎたら撮影が過酷になりますし、多すぎても仕事のない人たちが出てしまいます。個人的には人数多いほうが楽しくて好きですが。

image

去年のCM撮影での新川。音声はカメラと演者の間でこんな姿勢を強いられることもあるのです。マイクは映り込みやすいですからね。音声担当は台詞を確実に拾い、なおかつ映り込まない箇所を常に探しています。

image

室内を飛び出てロケーション撮影。北大近郊で撮影することが多いですね。ここは北20条の美香保公園です。北海道は雪が多いので、冬の撮影では雪で反射する太陽光のせいでなかなか思うような映像が撮れなかったりします。

AV9A4769

電車や車で海に行って撮影することもあります。写真は4年生の道上さん監督作品『狂乱天国』の撮影風景です。9月だったので皆凍えながらの撮影でした。新歓で上映予定です。

映画撮影はうまくいかないことも多いです。疲れます。折角満足のいくショットが撮れても、チェック時に映り込みが発覚したり。なかなか難しい。それだけに、撮り終わった時の達成感はひとしおです。映画を観る時とはまた違った楽しみが得られます。新入生の皆さん、一緒に映画撮ってみませんか。待ってます。

番場巽己

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です