【新歓ブログリレー企画】雑文(番場)

楽しかった春休みもマジで終わりそう。そろそろ大学の授業が始まってしまいます。嫌だい嫌だい!午前中になんか起きたくないやい!

というわけで最近観た映画の感想でも。『ローン・サバイバー』。実話ベースの戦争もの。アフガンでタリバン退治に来たネイビーシールズがえらい目にあった「レッドウイング作戦」の映画化です。

痛い映画でした。主人公たち4人が200人のタリバンに囲まれて、岩山で退却戦をやるんです。タリバン側は地元だから移動速度が半端なく速いんですね。主人公側は普通に移動したら追いつかれる。どうやって追手を撒くかっつうと、10メートル位ある崖から飛び降りるんですよ。下は岩だし、足とか撃たれちゃってるから当然うまく着地できなくて、延々転がった後岩とか木とかに全身を強打して止まるんです。これを2度3度と繰り返す。痛すぎる。首から着地してる奴とかいました。スタントどうやったんだろ。あとこの映画、傷口をほじくったり、泥を埋め込んだりするシーンをいちいちアップで映してるので尚更痛そうなんですよ。まいったね。

そんなこと言いつつ全体としては面白かったです。恥ずかしながら僕は映画のベースになった「レッドウイング作戦」を全く知らなかったので、予想を裏切ってくる展開に終始「マジかよ…」ってなりっぱなしでした。ヘリが来ても助かんないんだよこの映画。実録映画のお約束、エンドロールに実際の写真を載っけるところもベタですけど感動しました。

この映画のエンドロールでかかる歌はデヴィッド・ボウイの「Heroes」でした。ボウイの歌は映画に採用される率がとっても高いような気がします。今年観た映画だけでも『ウォールフラワー』と『LIFE!』。でかかってました。前者は同じく「Heroes」、後者は「Space Oddity」。PVが超チープな『2001年』みたいで面白い。

https://www.youtube.com/watch?v=D67kmFzSh_o

いい歌です。

実はこの映画観に行った日にもう一本観たんです。『フルートベール駅で』。サンダンスで作品賞と観客賞獲ったこれも実話ベースの社会派ドラマ。今年観た中でもトップクラスに良かった。じゃあそっちの感想書けやって話ですがまあいいじゃん。眠いんです。とりあえず皆さん必見ですよ。おやすみなさい。

 

【新歓ブログリレー企画】雑文(番場)” への1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です