パソコンの前から逃げ出したい

パソコンの前から逃げ出したい。
どうもミチガミです。

最近私はずっと家にこもって編集ばかりしています。
レンダリングの待ち時間にちょこっとブログ更新。
ずっと同じ映像ばかり見ていると、何が良くて何がダメなのかだんだんわからなくなってきてイライラします。
自然とタバコの本数も増えますよね。そりゃ。

仮編集の段階で1時間ぐらいの尺になってしまったので、これはいかがなものかと思い、いろいろ試行錯誤。
個人的には自主映画制作の中で編集が一番しんどい。
実際の撮影は、体力的には疲れますが時間に追われながらドタバタしてると、なんやかんやで楽しい。
編集も最初はゲーム感覚で「意外に早く終わりそうだな」なんて思ってると、痛い目に遭うわけです。

編集をしていると映像を撮ってきた責任者を一発殴り殺してやろうかという気持ちにもなります。
「なんだこのカットは・・・」「なんだこのカメラワークは・・・」「なんだこの演出は・・・」
「こんなカットにOK出してるんじゃねえよ」と怒りにふるえるわけです。
まあ全部自分が撮ってきたものなんですが。
編集をしている間は過去の自分を恨みます。
明らかなミスがあったカットを見ると、そのだいたいは時間に追われていたり、何かトラブルがあった時です。
そういうのも含めて撮影ですが、あらゆることを「想定内」にするためにしっかりと準備する必要があるなと。
準備はしすぎるぐらいがちょうどいい。

編集で一番時間がかかるのは音声です。
画というのは当然一度自分の頭の中で考えて、撮影の時に目の前で見たものしかないわけですから、全体を繋げて細部を調整するのはそんなに時間のかかるものではないですが、音声はそうはいきません。
本当はもっともっと撮影現場で録音のことに気を配らないといけないと反省しています。
地道なノイズ除去やアフレコなど地味な作業がたくさん。
映像を見るよりも、耳で音だけ聞いているのは精神的にもきついです。
映画はもちろん「目で見て」いますが、もちろん同時に「耳で聞いて」います。
音が最悪な映画は観れたものじゃない。
実は映像が不出来なことよりも、音声が不出来なことの方が耐えられないのかもしれない。
今日からアフレコ。より良くなるように頑張ります。

イライラするとか、きついとか、殴り殺してやりたいとか、いろいろネガティブなことを書き殴ってるわけですが、一度集中すると1日中編集しているわけで、実際はめちゃくちゃ楽しいんだと思います。
一つの作業で明確に作品が変化して、より良くなっていくからだと。
勉強のためにも編集はやりたくないっていう監督さんいたら是非私にやらせてください。
殴り殺してしまうかもしれませんが。

最後に個人的に気に入っているカットを一枚だけ。

スクリーンショット 2014-11-08 9.39.19

<オフショット あまりの寒さに監督を恨むキャストの皆様方>
AV9A4769

それでは。

秋元親衛隊のために

こんばんは。
4年のミチガミです。

現在私は『アキモ』の撮影にカメラマンとして参加させてもらってます。
タイトルは『アキモ』で合ってるのかな・・・。
カメラは個人的に一番難しい役割です。

撮影自体は残すところあと1シーンなんですが、そろそろ雪が降りそうで心配です。

タイトル通りこの映画の主役は秋元なんですが、秋元を愛する親衛隊のみなさんのために秋元の写真を公開します。

AV9A4575
<ストーカーの秋元>

AV9A4630
<寄り目の秋元>

AV9A4674
<ドーナツ越しの秋元>

AV9A4680
<下々と秋元>

AV9A4695
<木漏れ日と秋元>

AV9A4856
<コスメ元>

AV9A4977
<接写の秋元>

AV9A4983
<変な秋元>

AV9A4995
<まりもっこりな秋元>

AV9A5006
<ぼんやりと秋元>

AV9A5014
<悪意と秋元>

AV9A5010
<秋元>

AV9A4622
<おまけ 悪徳業者に勧誘される左合>

AV9A4707
<おまけ 画になる高峰と左合>

完成が楽しみですね。
なお、この映画は事実に基づいたノンフィクション映画です。

ミチガミ

迫る春新歓(ミチガミ)

 

どうも。道上です。

暖かくなったと思ったら急に寒いです。最近は。

北大映研も頑張ってビラ配りしています。私はバイトで忙しく一日しか参加できませんでしたが。

長い春休みが終わる悲壮感はただものではありません。4年生なのにまだ単位が残っている私はさらに戦慄を覚えます。

北大映研の春休みの大きなイベントと言えば温泉旅行ですね。

実は映研で温泉旅行に行ったのは初めてです。すごく楽しかったですよ。宴会場でゲームをしたり、部屋に戻って女子トークをしたりとそれっぽいことをしてました。

いつもは学生っぽいイベントを毛嫌いする映研でも、年に数回のイベントはばか騒ぎします。追いコン然り、合宿然り。

稀にしかないイベントを全力で楽しむという姿勢はとても大切だと思います。

温泉旅行の時の写真がこちら。

↓  ↓  ↓

_1010085

実は写真はこれだけ・・・。最悪ですね。カメラを持って行ったのに撮影するのをすっかり忘れていました。

しかも温泉から帰ってきたの集合写真の1枚だけ。後ろにNHKの看板が見えます。

私は実は温泉というものが苦手なんです。そもそも長風呂ができない。すぐのぼせてしまうんです。それに幼い頃から脱衣場と浴場の境目辺りがどうも苦手なんです。なぜか汚らしく感じて足を踏み入れるのが億劫です。

来年も温泉旅行はあるのかわかりませんが、また行きたいですね。基本的に映研のメンバーとどこか遊びに行くことがほとんどないので、たまにはいいもんです。

新入生のみなさん、映研の新歓が迫ってますね。少しでも興味がある人は足を伸ばしてみてください。映研には偏屈で面白い人達がたくさんいますよ。きっと楽しいはずです。

新しい後輩ができるのが楽しみです。

 

 

(新歓ブログリレー企画)道上の夜更かし

どうも。道上です。

夜更かししています。朝です。

新歓ブログリレー企画ということで、これから大学に入学する新入生に向けて軽く自己紹介をしておきます。

文学部3年の道上です。一応元部長です。元EXILEです。母親がマルチ商法にひっかかっています。

石川県の小松市というところで育ちました。かなり田舎です。少年時代はムカつく近所への報復として、その家の田んぼに小便をかけていました。

今回は自分が愛して止まない映画監督の話を好き勝手話そうと思います。これからも時間があれば定期的にブログ書いていけたらなと。

今回は山中貞雄監督です。

山中貞雄は主に1930年代に活躍した映画監督です。大昔ですね。日本映画の歴史には巨匠と称される名監督が数多くいますが、この人の名前を知っている人は少ないんじゃないかと思います。それもそのはず、この人の作った作品はたったの三本しか現存していません。映画監督として過ごしたたった5年間の間に26本もの作品を作ったのにもかかわらず。嘆かわしいですね〜・・・泣

しかし、現存する三本はすべて素晴らしい傑作です。本当に傑作です。この三本から十分に山中貞雄の天才ぶりを窺うことができます。自分は大学1年生の時に初めて『丹下左膳餘話 百万両の壷』という作品を観たんですが、その時は衝撃を受けました。日本映画の話になれば小津だ〜、黒澤だ〜、溝口だ〜と言って山中貞雄のことを一切知らなかったことを情けなく感じたほどです。ここまで言うとこれから初めて観る人のハードルを上げすぎてしまいますが。

本当に本当に本当に悲しいことに、山中貞雄は第二次世界大戦中の中国戦線で28歳の若さで戦病死しています。戦争反対。「夭折した映画監督」というだけで魅力を感じてしまう。ジャン・ヴィゴ然り。

『人情紙風船』(現存してます。傑作です。)という作品を撮影した後に、赤紙が届いて戦地に赴くことになります。山中貞雄は出征中、自らの手記に「紙風船が遺作とはチト、サビシイ、友人、知人には、いい映画をこさえてください」と残してます。もう泣いちゃいます。

そんな山中貞雄、実は変な顔してます。

これです。↓↓

d0117645_14225479

ア、アゴどうした・・・。自分で「阿古三之助」と名乗るほどです。その上性格は、「おっとり」「ぼんやり」「のろま」。あの戦前の日本映画のヒーロー嵐寛寿郎(通称アラカン)が山中に抱いた第一印象は「バカ」です。人の才能は外面からは計れない。写真をずっと見ていると可愛く思えてきます。

それでは現存している三作品をさくっと紹介。

『丹下左膳餘話 百万両の壷』(1935)

img_1280926_60686944_1

時代劇の基礎を作った伊藤大輔監督が製作していたシリーズものの続編として製作したものです。丹下左膳は「姓は丹下、名は左膳」という名台詞で有名なチャンバラヒーローですね。山中は従来のハードボイルドな丹下左膳に脚色を加えて、人情豊かな喜劇に仕上げてます。しかし、あまりにも本来の丹下左膳のイメージとかけ離れすぎていると原作者にカンカンに怒られて、仕方なく題名を変更しています。だから「餘話」なんですね。正式な丹下左膳の続編という扱いは受けてません。さらにこの作品には本当は大迫力のチャンバラシーンがあったみたいなんですが、GHQの検閲で削除されちたみたいです。アメリカ呪う。でも結果的にこの作品に関しては、チャンバラシーンが無くなって正解だと思います。

『河内山宗俊』(1936)

harak1

この作品は現存している三作の中でもあまり言及されない作品ですが、もちろんこれも傑作です。この作品は山中貞雄の演出の才の一つの極をなしていると自分は思います。男女が川に身投げしたことを川の水しぶきだけで表現するシーンはとても美しいです。山中貞雄は「省略」の天才であり、この作品にはその才が凝縮しています。また、この作品には「映画史上最も美しい雪」が降ります。というか蓮實先生がそう言ってます。

『人情紙風船』(1937)

images

先述したとおり、この作品が山中貞雄の遺作となります。偶然なのか、どこかこの作品には暗さが漂っています。上記の二作でうかがえるある種の楽天性があまり感じられません。紙風船が小川に流され遠ざかっていくラストカットはなんとも言えずもの寂しく、自分の死を予感していたんじゃないかと思い込んでしまいます。しかし、この作品も素晴らしい傑作です。個人的には『人情紙風船』が一番好きかもしれません。いや、やっぱり優劣つけられない。

山中貞雄についてこれからもっと書くつもりだったんですが、眠いです。限界です。ブログを書くのをすっかり忘れて朝方に気がついた自分が悪い。悪い。最終的に山中貞雄の簡単な紹介と豆知識みたいな記事になってしまった・・・。くそう。また詳しく書きたいと思います。

とにかくみなさん是非一度観てみてください。現映研部員も含めて。

眠い。断末魔。それでは。

2013年ベスト(ミチガミ)

新年あけましておめでとうございます。

という時期ではもうないですが、遅ればせながら2013年のベストを書いてなかったので書こうと思います。

1位 『イノセント・ガーデン』

2位 『横道世之介』

3位 『パシフィック・リム』

4位 『もらとりあむタマ子』

5位 『プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ』

6位 『君と歩く世界』

7位 『ザ・マスター』

8位 『かぐや姫の物語』

9位 『ホーリー・モーターズ』

10位 『地獄でなぜ悪い』

という感じですかね・・・。

私は本当に順位を付けるのが苦手です。

その映画を観た時は、「この映画が今年は1番だ!」なんて思うんですが、時間が経つといろいろ歪んでくるものです。

今年は本当にいい映画が多かったと思うんですが、1位に挙げたのは『イノセント・ガーデン』。韓国人監督パク・チャヌクの作品ですね。不思議とこの映画のイメージがどの映画よりも鮮明に残ってるんです。

とりあえず今回はベストだけ載せて、今度改めて詳しく個々の映画について書きたいと思います。